節分の由来を簡単に教えてください。もうすぐ春が来るよという意味です!

節分といえば小さな頃は、何の意味もなくワクワクして鬼のお面をつくったり、母に豆をせがんだりしていました。

でも大人になると、クリスマスやお正月のようなソワソワした気分が無いんですよね。

どうしてなのかなあ?

2016年の恵方巻の経済効果は推計540億円で、クリスマスの経済効果が約7,000億円といいますから、足元にも及んでいません。

確かに「明日は節分だから、食事に行こうか?」とはなりません。

スポンサーリンク




ソモソモ節分とは…

節分には豆をまいたり、恵方巻きを食べたりするわけですが、その由来は?というと、じつはそのソモソモが良くわからない。

そんな人のために、節分のソモソモからを解説します。

節分はそもそも中国の暦である二十四節気で春夏秋冬のそれぞれの季節の変わり目のことです。つまり立春、立夏、立秋、立冬のそれぞれの前日です。

それがいつのころからか立春の前日のことだけを節分というようになりました。

二十四節気では、その第一節気が立春からはじまります。つまり立春は新年の始まりの日で「正月」といえないこともありません。となると節分は「大晦日」ともなります。

でも、これっていわゆる旧正月とは違いますから、気をつけてください。

旧正月は冬至の日から2回目の新月となる日で、1月21日頃から2月20日頃までとなり、を毎年移動します。

節分は立春の前日ですから、冬の最終日ということで、春の到来を告げる節目となる日です。

ただ2038年には、立春と旧正月が同じ日になるそうです。ちょっと楽しそう。

悪鬼を払い、無病息災効果のある節分!

日本には季節の変わり目には日本では悪鬼を追い払うために儀式を行う風習がありました。

平安時代になると宮中の行事として「追儺(ついな)」というものを行っていました。

この儀式には、季節の変わり目にあたって鬼を追い払うという意味があり、特に立春の前日である節分に行われたそうです。

日本では古来より米をまいて厄払いとする風習があったのですが、室町時代の頃から中国の風習を取り入れて豆をまくようになったといいます。その後一般の庶民にもこの風習が伝わりました。

煎り豆をまくのは全国的な定番ですが、大阪では恵方巻を食べます。

しかしその起源は、「戦国時代の武将が…」とか「幕末から明治の初頭に、大阪の船場で商売繁盛を…」とか「船場の旦那衆が遊女に巻きずしを…」などなど、諸説あってはっきりしません。

しかし関東など大阪以外の地域で恵方巻きを食べるようになった起源は明確で、1998年にあるコンビニが仕掛けたマーケティング戦略であることがわかっています。

とにかく、これらのパフォーマンスにより、悪鬼を払い無病息災の効果があるとされ、これによって春を迎える準備をするのが節分です。

もっとわかりやすく説明するのは簡単です!

さてここまで書いてきて、この節分の説明はちっとも簡単じゃあないですね。

う~ん、どうしましょうか…。

整理しましょう。

節分は古くからの季節の変わり目の行事で、春を迎えるあめに悪鬼を追い払うイベントです。

イベントのハイライトは豆をまいて、福を呼び込み、鬼を追い払います。

そのために鬼役のお父さんが痛い目に合うこともあります。

また地域によっては恵方巻きを食べます。

これで晴れて春を迎えることができるのです。

つまるところ節分は、

「ほら、明日から春だよ!」という日、ということですね。

以上でいかがでしょうか?

まとめ

  1. 節分は中国の暦である二十四節気で春夏秋冬のそれぞれの季節の変わり目のこと。
  2. いつのころからか立春の前日のことだけを節分というようになった。
  3. 節分には、悪鬼を追い払い無謀息災を願って春を迎える準備をする。
  4. 豆をまくのが一般的、大阪では恵方巻を食べるがセブンイレブンの陰謀で全国に広がった。
  5. 節分を一言でいうと「ほら明日から春だよ!煎り豆で鬼をやっつけて春の到来の準備をしましょう!ということです。

さて、冬がいよいよ終わります。

といっても暦の上でということになりますが、これでいよいよ待望の春ですね。

そんな気分の曲が「早春賦」という唱歌です。

一曲どうぞ。といっても映像はギターの独奏です。

春は名のみの 風の寒さや
谷の鶯 歌は思えど
時にあらずと 声も立てず
時にあらずと 声も立てず

氷解け去り 葦は角ぐむ
さては時ぞと 思うあやにく
今日も昨日も 雪の空
今日も昨日も 雪の空

春と聞かねば 知らでありしを
聞けば急かるる 胸の思いを
いかにせよとの この頃か
いかにせよとの この頃か

この曲の歌詞は長野県の安曇野の情景だといいますから、もう少し後の時期かもしれませんが雰囲気はあります。

https://youtu.be/9jYDtBgJ6PQ

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする