経験した私が教える!冬服の色使いとコンプレックスの悩み解消法!

この間まで冬なんてまだ先のことだな~と思っていたら、気づけばあっという間に季節はもう秋から冬に。色づいていた木々も葉が落ちて、風も冷たくなり、寒さを感じる季節になってきました。これから冬になり、クリスマスや同窓会、忘新年会などわくわく楽しい色んなイベントが多くなってきますね。そこで、冬服の色の組み合わせ方がわからない!コンプレックスがあってコーディネートするのが難しい!という人もいると思います。実は私も皆さんと同じ悩みを持っている一人です。
そこで私を含め、悩める皆さんにこれからとっておきの方法を教えちゃいます!

スポンサーリンク




●色が持つイメージとその効果を知る!
~暖色と寒色の違い~

色が持つイメージとその効果。寒色といえばこんな効果、暖色といえばこんな効果ということを少しはわかっていたつもりだったのですが・・・。調べてみると、色って奥が深いんだなーということがわかりました。色が持つイメージはこちら。

暖色系・・・火をイメージする色。代表的な色は赤、オレンジ、黄色、ピンク、ベージュ、茶、こげ茶など。暖かいという印象を持ちます。

寒色系・・・氷や水をイメージする色。代表的な色は青、緑、紫、黒、茶、グレー、白。冷たいという印象を持ちます。

寒色系がブルー系であることは前から知っていたのですが、実は白、黒、グレー寒色であることがわかりました。それを知って驚く私。え!?まさか、その色も寒色系だったなんて・・知りませんでした!

●色の見え方について知る!
膨張色と収縮色


膨張色
・・・パステルカラーのような明るい色、薄い色、暖色系の色は太って見えてしまいます。

収縮色・・・濃い色、暗い色、寒色系の色は痩せて見えます。

この2つをまず知ることが大事です。膨張色と収縮色の違いは、太っていた学生時代に、以前常連だったお店で、仲の良かった店員さんから教えてもらったことがあります。太っていた当時の私は服の色についてそこまでよく知らなかったので、知らずに膨張色の服を着ていましたが、店員さんのおかげで気づくことができました。基本的なことなんですけど、色の組み合わせ方とか、柄同士は組み合わせないとか、同系色を組み合わせるとか・・色々教えてもらって勉強になったなーと今でも思います。正直今よりかなり太っていたのですが、収縮色を着るようになったら少しは痩せて見えました。それが嬉しくて、「服選びって楽しい!」と思えるようになったんです。まぁそんな当時の私は太っていましたがww

人間色々コンプレックスを持っているものです。私だってそう。女の子なら誰でも体の悩みを持っているのではないでしょうか。次はそんなコンプレックスを持つ人の解消方法を教えちゃいます!

●小顔効果を狙うには

まず小顔効果にする5つの秘訣です

  • 首周りをすっきりさせる
  • ボトムスにインパクトを持たせる
  • 顔から視線を逸らすようにする
  • 顔の長さ以上にデコルテ部分を出す
  • 黒系統の色の服を着る

☆小顔効果のあるファッションアイテム☆

Vネック

首元をすっきり見せ、小顔効果が期待できます。トップスやワンピースにオススメです!

大きい襟のついた服

襟元に視線がいくので、自然と小顔に見えます。Vネックの襟付きトップスはW小顔効果です。つけ襟もOK。


・ボトムスにインパクト


カラーで目線を逸らしたりボリュームを持たせたりすることで、視線を下に持っていくことができます。ふんわりスカートもOK。


・大判ストール


顔の幅よりやや大きめに巻くことで、小顔効果が期待できます。ふんわり巻いて防寒&小顔効果に!


・ロングネックレス


顔から視線を逸らして小顔に見える効果があります。短めのネックレスは窮屈に見えてしまうので長めがオススメです。インパクトのあるデザインもOK!


・大ぶりピアス&イヤリング


大きめのピアスやイヤリングも小顔効果あり。光るものをつけると目の錯覚で顔が小さく見えます!

●着痩せ効果を狙うには

体型で悩んでいる人も多いはず。そこで体型に自信がない人(上半身ぽっちゃり・下半身ぽっちゃり・胸が大きい人)に着痩せ効果のあるアイテムと方法を紹介します。

☆体型に自信がない人☆

・明るすぎる色の服は避け、黒やダークネイビーなど暗い色の服を選ぶ。
これで何キロかは痩せて見えたりするのでオススメです。

縦のラインが入った物、小さなプリント模様をスカート、などを取り入れる。
ハイウエストのスカートにしたり、ボトムスにはベルトを使ったりするといいです。その時、短いスカートは足を太く見せてしまうのでNG!長すぎる丈もNGです。代わりにミディ丈のスカートを選ぶといいです。

・ブレザー&カーディガンはダークな色味を選ぶ。
オススメの着こなしはTシャツの上に長めの物を羽織って縦のラインを強調すること。この時ボタンは留めないでおきます。

・帽子、ネックレス、イヤリング、スカーフなどのアクセサリーを使う。
コンプレックスから人の視線を逸らして魅力的な部分に注目させることができます。
ロングネックレスでVゾーンを強調。シャツはボタンを第一ボタンまで外して襟を立たせるのがコツです。

・ほんの少し服と体の間に隙間を作る。
目の錯覚で体が華奢に見えます。ワンサイズダウンでゆとりを持たせた方が実は着痩せ効果があります。

・デニムは股上浅めを選ぶ。
ヒップの面積が小さく見えてモッタリ感がなくなるので、下半身がすっきり見えます。

それでもコーディネートがうまくいかない人は、小物で着痩せ効果を狙いましょう。バッグは大きさや色で縮まって見える効果があります。また、ベルトは太さや色、位置でウエストが細く見えたり、足長効果が期待できます。

☆上半身ぽっちゃり体型の人☆

襟の広いトップスは上半身をすっきりに、見せてくれます。また、ふんわりチュニックもお尻までふんわり包むことで全体的にほっそり見せることができます。脚に自信がある人はショートパンツで自信がある部分を見せるのもいいですよ。

☆下半身ぽっちゃり体型の人☆

腰に切り替えのある服で下がりがちな重心を高く見せて視線UP!ウエストを絞ったデザインのワンピースベルトなどでアクセントをつけてくびれをアピールするのもいいです。

縦長に見えるデザインの服にしたり、ボトムスを暗めにしたり、明るめの柄目を引くようなデザインも視線を逸らすことができます。

☆胸が大きい人☆

・体のラインが出る服を選ぶ。
胸が目立たないようにゆったりとしたシルエットの服を選びですが、実はこっちの方が胸とウエストの強弱がはっきりするので効果的です。ウエスト周りがゆっくりしている服だと全体的に大きく見せてしまって逆に太って見えてしまうので注意!また、上半身を体のラインが出る感じにするとウエストを強調できます。これは肩幅がある人にもオススメ!

・Vネックを選ぶ。
わざと首元を見せることで全体の印象をスッキリさせ、バストサイズを抑えてくれる効果があります。この時、谷間が見えない程度のものを選ぶことがポイント!色は黒や紺など濃いめの色引き締まって見えストライプやチェック、ドット柄なども効果あります。フリルやリボンが胸元についているとバストを強調してしまうので注意!これは胸に自信がない人にオススメです。

・アクセサリーを活用する。
ゴテゴテしたものだと太って見えがちなので、首元やデコルテで収まる長さのネックレスがいいです。腕時計やスカーフ、帽子視線を逸らせるのでオススメですよ。

まとめ

冬服の色使いやコンプレックスの解消法を知るためには

  • 寒色系と暖色系、膨張色と収縮色を知る
  • 小顔効果、着痩せ効果のあるアイテム、コーディネートを知る


これが私が伝えたいことです。

この2つを知れば洋服選び、コーディネートもきっと楽しくなるはずです!まずは試してみて下さいね。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする