インドア派はTVで楽しめ!冬のスポーツ観戦ランキング・ベスト3

冬のSNSを開くと、リア充組はみんなゲレンデなう。

大勢でスノボしたりスキーに出かけたり、なかなかアクティブに楽しんでいらっしゃいますよね。

しかし私は、冬が大嫌いで超寒がり。

こんな季節は、できれ家の中にすっこんでいたいし、こたつに足を突っ込んでダラダラとテレビを見続けていたい…。

同じようなインドア派さんは、スポーツしている人たちをテレビ越しに見て楽しみましょう!

冬のスポーツ観戦・人気ランキングベスト3と、その魅力をまとめてみました。

スポンサーリンク




第3位はサッカー。思いっきり楽しんで観たもん勝ち!

夕食の支度に忙しい夕方6時。

夫「ただいまぁ~!」

私「どうしたの?やけに早いね。」

夫「課長と専務がさ、今日はサッカー日本代表戦があるから、全員定時で上がろう!だって(笑)」

おいおい…(苦笑)。でもこれ、ガチな話なんです。

旦那の会社の半分はサッカー大好き社員でできているため、試合のある日はこんなことが起こります。

それほどまでに、人々の心を掴んで離さないスポーツなんでしょうね。

私の好きだった選手たちは、みんな海外のチームに入ってしまって居ないんですが(涙)。

それでも、旦那が夢中で見てるとつられて見ちゃうっていうのがいつものパターン。

あらかじめ試合があるって分かってたら、私はビールや酎ハイをたんまり用意します。

そして何種類もの一品料理や酒に合うつまみ…。一体どうしたの?っていうくらい、料理の腕を振るいます。

サッカーはエキサイティングなスポーツなので、楽しんで観たもん勝ち!

旦那と一緒に、テレビの前で興奮しっぱなしですね(笑)。

旦那にサッカーの魅力を聞いたところ、「サッカーは、番狂わせがとても多いスポーツだから。」

確かにそれは言える。

突然の逆転劇、ありえない場所からのゴール、エースがまさかの退場…。

予想だにしないことが、いつ起こってもおかしくないんです。

そんな奇跡の瞬間は、私達に生きる希望さえ与えてくれますね。

第2位は駅伝。一見地味だけど、実は魅力がいっぱい!

「駅伝って、ただ人が走ってるだけじゃん。何が面白いの?」「駅伝の良さが全く分からない」

先ほどネットを見ると、このような意見は結構ありました(苦笑)。

選手たちが必死で走っているのと裏腹に、正直見てる側にとっては…。

テレビ画面に食いついて、必死で見るようなスポーツじゃないですよね?

我が家でも毎年のように箱根駅伝を見るんですが、基本的にテレビ中継は、お店のBGMさながらに垂れ流し。

真剣に見るというより、何かをしながらチラチラ気にする人…けっこう多いんじゃないでしょうか?

それなのに、箱根駅伝は日本の正月の風物詩。

古い歴史を持ち、全国各地で、幅広い年齢層のファンを魅了してやまないものは、一体何なのでしょう?

一つのタスキを、チームの仲間みんなで繋いでいく。

そこには仲間を信じる熱い絆があり、ドラマがあります。

走っている時は一人なのに、まわりからは心強い声援が送られ、心の中には常にチームメイトの姿があるはず…。

…あれ?こんなに素敵なスポーツだったっけ(動揺)?

「一人はみんなのために、みんなは一人のために。」

小学校の頃、地元の駅伝大会の前日に、先生がくれた言葉思い出しちゃいましたね。

それはさておき、最近は選手だけでなくギャラリーサイドも要注目です。

面白いコスプレをして応援してる人が増えてるので、思わず笑ってしまったりも(賛否あるようですが…)。

今までとは一味違った楽しみ方もできますよ。

氷上の妖精たちが美しく舞う…第1位はフィギュアスケート!

人気のスポーツ観戦。堂々の1位はフィギュアスケートでした。

競技というより、もはや芸術ですもんね!

選手たちの華麗な舞いに心奪われ、思わずうっとり見とれてしまいます。

かと思えば、躍動的なパフォーマンスに、ハラハラドキドキさせてもらったり…。

長い間、世界に感動を与え続けてきた浅田真央選手、高橋大輔選手らが引退し、今ではすっかり世代交代した感がありますね(個人的には本田真凛選手が可愛くて好き!)。

若い選手が彗星のごとく現れる世界ですが、お気に入りの選手は見つかりましたか?

そのひたむきな汗と、まっすぐなまなざし。

逆境をバネに立ち上がる強さ、自分を信じてあきらめないことの大切さ教えてくれるような気がします。

まとめ

人気のスポーツ観戦ランキング・ベスト3と、その魅力をまとめると

  1. 第3位はサッカー。エキサイティングな番狂わせに興奮が止まらない!
  2. 第2位は駅伝。あのタスキリレーに仲間の絆とドラマがある!
  3. 堂々1位はフィギュアスケート。若い選手の活躍に感動!

テレビ越しのスポーツ観戦。

「冬といえばこたつにミカンっしょ」そんなインドア派のあなたに、ぜひおすすめです。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする