成人式の服装は自分で決めよう!あなたはスーツ派?袴派?それとも?

成人式はどんな装いで出席したいですか??
あるいは、どんな装いで出席したかったでしょうか。

人生で一度だけの特別な日ですから、自分で納得のいくものを着なければいけません!

私は○○年前の成人式で、着物を親に任せっきりにしたせいで、変な袴を着せられたイヤな経験があります!!

そこで、そんなことにならないためにも、成人式の服装は自分で決めよう!スーツ派?袴派?それとも?のお話をしたいと思います。

スポンサーリンク




成人式の由来

成人式の由来は、奈良時代まで遡ります。

当時、貴族階級の男女は、、12歳から16歳になると、現在の成人式である通過礼儀をおこない、髪型や服装、名前なども大人のものへと改めました。

成人式はまさに、人生においては、とても大きな節目だったのです。
また、庶民の間でも成人式はありました。

鹿をひとりで狩れるようになったら一人前、重い米俵をひとりで持てるようになったら一人前など、地域によって様々な儀式が行われていたようです。

成人式は、自ら生き抜こうとする精神を持つ日でもあり、そして、それをお祝いしてもらう日でもあります。

当時の私が、成人式についてここまで落ち着いて考えられていたら、自分の大事な成人式を親に任せっきりになんかしなかったのに!と、本当に反省しております!

(あ、主婦になった今も落ち着いてないかもな。。。)

ということで成人式は、大昔から続く自分のためのお祝いの儀式ですから、準備段階から積極的に参加致しましょう!

あなたはスーツ派??

最近の成人式では、男性に圧倒的に多いのがスーツですよね。

時代にもよるのかもしれませんが、成人式は大人の仲間入りを宣言する日でもありますから、社会人としてのスタートはスーツで、と考える人は多いのではないでしょうか。

毎年、市の広報に載っている成人式の写真や、テレビでの成人式の様子を見ていると、たしかにスーツの男性は多いように思います。

スーツ=社会人、というイメージは誰もが持っているはずですから、スーツのほうが着ている本人も「社会人になったという意識」を持ちやすいのではないでしょうか。

若い女子たちにも聞いてみましたが、圧倒的に「スーツのほうが良い!」って言っておりましたよ。

あなたは袴派??

さて、スーツのほうがいろんな面でメリットが多いというお話をしたあとで袴のお話もしずらいのですが、袴にもメリットはあります。

袴は普段着ることのない正装ですから、成人式という特別感が得られますね。

でも、あまりにも特別感を味わい過ぎちゃうっていうデメリットもあります。
それは成人式で暴走したくなるっていうところでしょうか。

本人がどうしても着たいのなら着るべきでしょうが、終始静かにしていましょう。

では、女性の袴はどうでしょうか。
少数派ではありますが、毎年何人かは着ているようです。

袴は、卒業式のイメージも強いので「できれば振袖を着てほしい!」という親御さんも多いそうですよ。

でも、袴も若い時しか着れない正装ではありますし、袴を着たいなら着るべきでしょう。

もしかしてコスプレ派??

コスプレで成人式って面白いですよね。
「ダメじゃない?」って人もいますけど、私は嫌いじゃありません、楽しそうだし。

若いときじゃないとできませんからねー。
振袖もイヤ、袴もイヤ、ってなったらコスプレで良いのではないでしょうか。

その代わり親御さんのために、振袖や袴の記念写真を一枚くらいは撮しておくと良いかもしれませんね。

楽しむのは良いけれど、後悔はしないように致しましょう。

成人になる意識

普段と同じような生活の中で、ある日「20歳になったから成人式しまーす!」っていうのは、本人が大人になった自覚を持ちづらいのではないかと思います。

それよりは、奈良時代の庶民のように、鹿を狩れるようになったからとか、米俵を持てるようになったから、みたいな目に見えてわかる試験っぽいものがあったほうが、本人も大人になった自覚ができて嬉しいのではないかと思います。

って言っても、そんなことにはなりませんけどね。

でも、そういうのがあったら、成人式であんなに暴れる人は少なくなるような気は致します。
もしいたとしたら、米俵を持てなかった人たちでしょうか。

どちらにしても、暴れる人は出てくるのかな。。。

でも成人した以上は「これからは大人扱いになるよ!」ってことですから、その辺はわきまえた行動するように致しましょうね!

親も、我が子の成人式の為にお金を貯めたりして楽しみにしているので、素敵な写真を撮って、茶の間に飾って喜んでもらいましょう!

いろんな事情でそうじゃない場合は、将来のパートナーやお子さんが見て喜んだり、笑ったり?できるように、写真は撮って大事にしまっておきましょう!

 まとめ

  1. 成人式は、自分の人生を生き抜こう!と決意する日
  2. 成人式はスーツ男子のほうが多い
  3. 袴は特別感を味わえるメリットがある
  4. コスプレで出席する場合は、振袖や袴の記念写真も撮っておこう!
  5. 成人式は大人の仲間入りの日なので落ち着いた言動を心がけよう!

以上が私の、成人式の服装は自分で決めよう!スーツ派?袴派?それとも?のお話です。

さあ!自分で決めた正装を慎ましく楽しんで、成人式に出席しましょう!

大人の仲間入りなので、言動には気をつけましょうね。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする