夏の日焼けにご用心!で、あなた長袖派?日焼け止め派?

夏は、山へ行きますか?海へ行きますか?
どちらにせよ、日焼けが気になりますよね。
というわけで、昼間のアウトドアは避けて、ナイトプールへ行こうかと思っています。
インスタ映えしますし。

スポンサーリンク




日焼けはからだに悪い?

夏です。日焼けが怖い季節です。まあ、それが好きな人もいますけれど…。

日焼けがどうしてからだに良くないのかというと、紫外線のせいですよね。
紫外線にはUVAとUVB、UVCに分けられていて、それぞれ長波長、中波長、短波長の紫外線ということになります。
この中でUVC、短波長紫外線はオゾン層ではねられるので、地表に届く紫外線はUVAとUVCになります。これらが、私たちに日焼けを起こさせます。

でも紫外線は必要ですよ!

紫外線がからだに良くないといってしまうと不公平なので良い作用というものもあるということも知っておきたいです。
まず、紫外線には非常に強い殺菌・消毒作用があります。まな板を日干しするのはこのため。またビタミンDの合成に役立ちます。干しシイタケにビタミンDが含まれるというのがこれです。ビタミンDは骨の生成に必要な栄養素です。
さらに皮膚の抵抗力を強めて、血行や新陳代謝を促進する。以上が紫外線がからだにもたらす良い効果ということができます。

でも、紫外線を長時間浴びると、皮膚の老化や皮膚ガンを誘発するというのが悪い効果の代表でしょう。
以前はUVAのみが皮膚ガンを誘発するとしていましたが、いまではUVAもUVBもともに皮膚ガンの原因となるのだといわれています。これらの紫外線を受けることで、皮膚細胞のDNAを直接損傷させガン細胞の基となるわけです。
なんだか教科書的ですが、紫外線のからだに及ぼす影響の基礎知識がここまでです。

え!日焼け止めは危険?

それでは、紫外線からからだを守るために日焼け止めクリームをという話になりますが…。
最近では日焼け止めクリームは危険という話もあります。

日焼け止めには「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」という2つの種類がありますが、「紫外線吸収剤」は紫外線を吸収して皮膚に届かないようにする作用がありますが、化学合成化合物でできているのでアレルギー反応やホルモン異常を起こす可能性があるとのこと。
「紫外線散乱剤」は紫外線を散乱させて皮膚への侵入を防ぐというもので、酸化チタンや酸化亜鉛が含まれており、これらに発がん性があるといわれています。
皮肉にも、皮膚ガンにならないように日焼け止めを塗ったらその日焼け止めのせいで皮膚ガンになっちゃった!なんて事態になる恐れがあるわけです。

日焼け止めには長袖!

そこで、長袖というわけです。
紫外線に肌を晒さないことこそ、確かに日焼け止め対策としては正しいことに違いありません。
最近では、街中でも長袖を着ている人は確かに増えているようで、紫外線を避けるために冬でも夏でも長袖派という人もいるそうです。

ただ、長袖を着てさえいれば紫外線対策はバッチリ!…とはなりません。
通常の繊維は紫外線を通しますので、紫外線対策ということにはならないということです。
ここでは、しっかりとUVカットをする素材を選びたいですね。

ただ、心配事がひとつ…?

ちょっと、このことも付け加えておかないといけないですね。
むかし、山間の村の風土病として「くる病」という病気がありました。谷に囲まれた地域は極端に日照時間が少ないため、太陽の光を浴びることがないのでビタミンDが欠乏し、カルシウムの吸収ができなくなり、骨そしょう症になるのだそうです。骨の変形、筋力の低下、筋肉痛などの症状があります。
むかしはよくあったといいますが…。

ところが最近、日本でこの病気が増えているそうです。
これは皮膚ガンのリスクを減らしたり美容のためということで、紫外線を極度に避ける習慣が広まったために起こっていると考えられています。
これはちょっと怖いですね。
なにごとも、バランスです、気をつけましょう。

まとめ

  1. 日焼けがからだに良くないのは紫外線のせい。
  2. しかし紫外線には非常に強い殺菌・消毒作用がありビタミンDの合成に役立つ。
  3. とはいえ、紫外線を長時間浴びると皮膚の老化や皮膚ガンを誘発する
  4. 最近では日焼け止めクリームはホルモン異常や皮膚ガンを誘発するので危険という話もある。
  5. そこで、長袖を着る人が増えている。
  6. 紫外線を避けるあまり「くる病」日本で増加している。
  7. バランスが重要です。

皮膚ガンの世界での罹患率を調べたんですが、やはり欧米の国々が圧倒的に多いです。
ベスト1がニュージーランド、次にオーストラリア、ノルウエイと続きます。
因みに日本のランキングは157位です。最下位がバングラディシュ。
つまり、そういうことです。
あまり神経質になるのはやめましょう。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする