夏のお弁当はクーラーボックスが必要なんですか? 食あたり対策です!

昔はお弁当で食あたりにならないようにということで、ご飯の上に必ずといっていいほど梅干しが乗っかっていました。あのころは、お弁当でお腹の具合が悪くなっても、食あたりといういい方程度で、食中毒とはあまり言わなかったような気がします。

スポンサーリンク




夏のお弁当で心配なのは?

夏となると心配になるのが食中毒です。家庭内での食事では、調理したものをすぐに食べることができるので、基本的な清潔性を確保していれば、食中毒に罹る心配はないのですが、心配なのがお弁当です。

朝、お弁当をつくって、お昼に食べるまでの時間に、お弁当は雑菌からの攻撃を受けていないか、心配し始めたら、これは切りがありません。

食中毒の原因菌は…えっ!こんなにあるの?

通常、お弁当の食中毒の原因菌となるのが、おにぎりやご飯につくブドウ球菌、卵や肉などの畜産物につくサルモネラ菌やO-157、また魚介類や野菜などの腸炎ビブリオがあります。

これらの菌は一般的に37℃前後の温度で発育が活性化するといわれています。

そそそも食中毒を防ぐには食品に菌が付着しないこと、煮たり焼いたりする段階で菌を死滅させることが一番なのですが、なにせお弁当を無菌室でつくるわけにもいかないので、つくった後はなるべく菌が活性しない環境にお弁当を置いておくことが良いのですね。

出番ですよ~?

そこで出番となるのがクーラーボックスです。

夏の食中毒を避けるためには、クーラーボックスを使用するのが効果的だそうです。現場仕事の方などは、このクーラーボックスが重宝するそうです。

保冷剤を入れたクーラーボックスにお弁当と飲み物を入れておけば、食中毒など恐れることなくお昼の食事ができるというわけです。デザートのゼリーなどを凍らせておくことも効果的のようです。

ただ、車などで移動する場合はいいのですが、クーラーボックスを抱えて電車で出勤となると、これはちょっとつらいものがあります。肩からくーラー―ボックスを抱えて電車に乗る姿では、まるで夜釣り明けにから会社へ向かうサラリーマンといった格好になるでしょうね。

これ、ちょっとファッション的に…。

でも大丈夫!ネットで調べてみると、最近では結構オシャレなクーラーボックスもあるみたいです。ハードボックスではないソフトクーラーという種類もありますし、使用意図によっていろいろ選ぶことができるみたいです。

食中毒を防ぐお弁当づくりも知っておこう!

クーラーボックスで菌が繁殖しない環境を用意するのもいいのですが、その前に、まず、食中毒を防ぐレシピというものも研究しておきましょう。

殺菌作用のある、ハーブや薬味、カレー粉などを用いた料理が、夏のお弁当のおかずには向いているようです。おにぎりにするなら、細かく刻んだカリ梅をご飯にまぶして、大葉で巻くというのはどうでしょう。おかずはカレー粉にまぶした鶏唐揚げ、副菜は冷凍のきんぴらごぼう。手づくりにこだわらず、躊躇せず冷凍食品を利用することもいいのではないでしょうか。お弁当の内部を冷やす保冷剤の役目も担ってくれます。それに最近の冷凍食品ってメチャうまいですよ!

そしてデザートも、冷凍でフルーツがいいですね。

ただ、自分の好きなものを並べただけなのですが、これを基本としてバリエーションを探れば、食中毒を防ぐレシピをたくさんつくることができます。

でも、やっぱりクーラーボックスの中身は…?

再びクーラーボックスにもどりますが、私としてはクーラー―ボックスの蓋を開けたらでてきてほしいのは、やっぱり缶ビールかなあとも思うんですよねえ。

あと、スパークリングワインとか、ドライシェリーもいいかも。とするとこれの付け合わせは…どうもお弁当じゃないみたいですね。

まとめ

  1. 夏となると心配になるのが食中毒。
  2. 家庭内での食事はまだよいが、お弁当での食中毒は心配してもしきれない。
  3. 食中毒の菌は、結構多く一般的に37℃の温度で活性化する。
  4. クーラーボックスを利用して、菌が活性しない環境を用意しお弁当をお昼まで補完。
  5. でもまさか通勤でクーラーボックスを持ち歩くのはつらいが、オシャレなクーラーボックスも最近ではある。
  6. その前に、食中毒を防ぐお弁当のレシピを知っておきたい。
  7. 私見では、クーラーボックスに最も似合うものは、ビールである!

お弁当に乗っける梅干しは確かに殺菌効果があるのですが、その効果が有効な範囲は梅干しが乗っているところに限られるそうです。ですから、もし梅干しで殺菌をしようとしたら、梅干しの混ぜ込みご飯が良いということです。

あ、梅酢をいれてご飯を焚くというのはどうなんでしょうか?今度トライしてみよう…。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする