スノーボード初心者必見! 滑り方で重要な3つのポイントを覚えよう!

ウインタースポーツといえばスキーやスノーボード!スノーボードができる人ってかっこいいですよね!ゲレンデの頂上から雪を舞いながら滑ってくるあの姿。想像するだけでもかっこいい!でもあの滑り方って難しそうに見えますよね・・・。

スキーは分かれた2枚の板に左右それぞれの足を乗せて滑るので足に力を入れやすく、止まることも簡単にできます。ストックもあるのでそれを使えば止まる時もそこまで難しくありません。

ではスノーボードはどうでしょうか。性別関係なく人気のウインタースポーツですが、スキーと違い、一枚の板に両足を固定して滑るので、バランスをとって滑るのがスキーよりも難しく、止まる時も止まり方が下手だとむちうちになってしまったり、打ちどころを悪くして大怪我してしまう・・なんてことも。

そんな怖い要素を持つスノーボードですが、ネット検索が得意な私が詳しく調べたところ、ポイントをきっちり覚えれば初心者でも安全に滑ることができるようになるということがわかりました!

そこで、スノーボードの滑り方の重要なポイントをこれから紹介したいと思います。スノーボード初心者の方、これから挑戦しようとしている方必見ですよ!

スポンサーリンク




スノーボードを滑る上で大事な体のポイントを知る

  1. 足首
  2. バランス

しっかりと膝を曲げ、上半身は曲げない

とにかく、膝を曲げることが大事。上半身も曲げないように注意することがポイント★

必ず自分に合ったブーツを使い、靴紐は確実にきつく結ぶ

足首を使ってつま先、かかとにも力を入れるため、靴紐は確実にきつく結び、自分に合ったブーツを使うことが大事です。

バランスをしっかりとる

スノーボードはバランスがとれないと滑るどころか転びまくることになります。バランスをとるコツがわかれば簡単に滑れるようになります。

なるほど~!
先に述べた3つの項目を覚えて、それを意識した練習をすることが大事なんですね。

では次に練習する基礎項目について説明したいと思います。

スノーボード初心者が練習する基礎項目を知る

片足でのターン

片足だけ繋がっている状態でのターンを覚える。これができるようになるとリフトを降りることができるようになります。

サイドスリップ

横滑りといわれているもので、急な斜面を安全に降りる方法を覚える。ターンの練習にもなります。

木の葉落とし

サイドスリップしながら左右に移動する方法を覚える。これができるようになるとほとんどの斜面を移動することができるようになります。

リフトの乗り降り

リフトの乗り降りの方法を覚える。基本ですね。

基礎的なターン

基礎的なターンを覚える。これができると止まらずに滑り続けることができるようになります。スノーボードの基本のターンになります。

ブレーキ(減速)と急ブレーキ(停止)

ターンほど大事ではありませんが、覚えることが大事なもの。ターンとブレーキを使い分けられたら完璧です!

整理すると、「前方に進む方法」「左右に曲がる方法」「減速・停止の方法」を練習するということですね。それにしても覚えることが多すぎる・・・。でも上達したいのであれば繰り返し覚えるまで練習あるのみですね!継続は力なり!頑張りましょう。

では最後に、練習の基礎項目について、詳しいポイントを説明したいと思います。

上手にスケーティングをするコツと転び方を知る

前方に進む方法として、一つは下り坂を利用して前に進む方法、そしてもう一つは平坦もしくは上り坂を後ろの足を利用して前に進む方法があります。

上手なスケーティングをするコツは・・・

板に近い場所を蹴るようにする

板から遠い場所を蹴ると、どうしても力の方向が散ってしまいますが、板に近い場所であれば、力の方向が散らばらないので比較的安定したスケーティングをすることができます。

視線は前方を向くようにする

足元ばかり見ていては前に進まないので視線は常に前方を向くようにすることが大事です。

上手な転倒方法を知る

転倒・・・考えただけでも痛そうですよね。でも初心者のうちにたくさん転んでおいて上手な転倒方法を覚えておくと、大きな怪我を回避することができるんです!意外に大事ですよ~!

その転倒方法は2つあります。

①お尻から転倒する

スピードがつきすぎて止まることも減速することもできない!そんな時はそのまま膝を曲げてお尻から転んでしまったほうがいいです。簡単に止まることができて痛みもあまり感じません。

更に!この方法はお尻から転ぶ練習を何度も繰り返して転倒の恐怖心を払拭することができるのでオススメな転び方です。

②体の側面を使って転倒する

ターンをしている途中で不安定になった時、無理に態勢を立て直すより、そのまま転倒したほうが良かったりします。体のどちらかの側面で転ぶことで雪面と接触する面を広く持たせることができ、痛みも分散されます。

まとめ

スノーボード初心者が滑る時に重要な3つのポイント

  • スノーボードを滑る上で大事な体のポイントを知る
  • スノーボード初心者が練習する基礎項目を知る
  • 上手にスケーティングをするコツと転び方を知る

この3つが大事なポイントになります。ちょっと挑戦しずらいスノーボードですが、この3つのポイントを抑えておけば安全に楽しく滑ることができるようになること間違いなしです!
今シーズン挑戦しようとしている人は勇気を出してチャレンジしてみるのもいいかもしれませんね!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする