今年も鬼は外!福は内!節分の由来と歴史を簡単に説明してみました。

「鬼は~外!」「福は~内!」

2月3日は節分の日。

我が家はパパが鬼役になり、娘たちからの容赦ない豆攻撃に逃げまどっておりました。

やれやれ…。掃除が大変だこりゃ(泣)。

大人から子供まで、古く長く継がれる節分の行事。

その由来、歴史はいつからはじまったのでしょう?

簡単に説明しますので、ぜひ覚えておいてくださいね。

スポンサーリンク




節分のはじまりはいつから?

節分は、みんなの健康と幸せを願って、悪いもの(鬼)を追い出し、良いもの(福)を呼び込む日。

だから「鬼は外、福は内」という掛け声が上がるわけですね。

節分とは、読んで字のごとく「季節を分ける」節目となる日。

その由来、歴史は古く、平安時代までにもさかのぼります。

その頃から、一年の始まりは春とされ、人々には大変重んじられていました。

清少納言の歌「枕草子」も、「春はあけぼの…」という出だしから始まりますよね!

寒く厳しい冬と、温かい春を分ける日。

それが「節分」なんです。

昔の人って、まるで詩人のようにロマンチストだったんですね!

節分には外せない!鬼をやっつけるのはなぜ?

節分といえば鬼は外せない!

娘たちの保育園にも赤鬼と青鬼が現れ(多分地域のおじさん)、園児たちは恐怖でギャン泣きです(苦笑)。

ところで、現実に鬼なんて存在しませんよね?

…そうなんです。

「目に見えない邪悪なるもの」ということから、鬼の形が人の心に出来上がっていったんですね。

昔の人は、災害や飢きん、疫病などを、「目に見えない何かの仕業だ!」と、鬼のせいだと考えていたようです。

その鬼には、必ず炒った豆を。

豆(魔目)を炒る(射る)=鬼の目を射る。

炒った豆で鬼退治をすることが、まさしく邪気払いなわけなんです!

それにしても、漢字の当て方に大和魂ならではのセンスを感じますね。

イワシと柊にも意味があった!

今はあんまりする人居ないかもしれませんが…。

柊鰯(ひいらぎいわし)ってご存知ですか?

玄関先に飾られた、柊の先端にイワシの頭をぶっ刺した、なんとも滑稽なあの飾り。

おっと!これでも日本古来の風習であり、平安時代からの魔除けなんですよ。

ドラキュラは十字架とニンニクを嫌いますが、日本の鬼は柊とイワシが嫌いです(笑)。

柊には棘があり、鬼が家に入ろうとすると、そいつが鬼の目を刺すと言われています。

一方、イワシは臭いがクサいから鬼が嫌がるんだそうです。

鬼除けには、尖った物と臭いものが良しとされてるんですね。

あんまりおしゃれとは言えませんが(苦笑)。

それでも、昔の人々の教えが現在に伝わっているのは素晴らしいこと。

我が家も来年はチャレンジしてみようかな?…柊鰯作り。

ちなみに、飾る日は2月3日から2月4日までが一般的です。

ぜひ、古くからの魔除けを玄関に。

待ってました!節分は黙って恵方巻!

皆さんは食べましたか?恵方巻。

福を巻き込むということで、すっかりおなじみになりましたね。

節分の日、その年の恵方を向いて無言で食べると縁起が良いとされる手巻き寿司です。

あれ、やたらとぶっといんですよね。

スーパーで選びながらテンション上がっちゃいます(笑)。

「喋ると運が逃げる」「願い事を心で唱えながら無言で食べきると叶う」など、色々な説があります。

個人的には、ユニークなイベントとして楽しんじゃえばいいと思いますね。

この恵方巻の由来なんですが、残念ながらはっきりとしたことは分かってないんです。

一説に過ぎませんが、大阪の船場が発祥の地で、商人の男たちが花街で遊びとしてやっていのだとか…。

豆まきの由来と比べると、結構しょうもない感じがしますが…(すいません笑)。

陽気なノリで、浪花人ならではの発想なのでしょうね。

気になる具材なんですが、スタンダードなやつだと全部で7種類がベストとされています。

由来は「七福神」です。縁起良い!

具体的には…これといった決まりはないそうです(オイ!)。

しかし、「お好きな具を7種類巻き込んじゃってくださいな~」なんてのはあまりに酷なので…。

代表的なものを挙げると

・かんぴょう

・シイタケ煮

・きゅうり

・玉子(伊達巻が最高!)

・アナゴ

・桜でんぶ

・高野豆腐

まぁ、定番ですね。

我が家の場合だと、子どもはサラダ巻きや海老カツ巻。

大人は海鮮巻です。

じっくり美味しく味わいたいので、まるかじりはせず輪切りでいただきます。

まとめ

節分の由来や歴史の簡単な説明をまとめると

  1. 2月3日は季節の節目。邪気を払い、福を取り入れる歴史ある行事
  2. 鬼は目に見えない災いの象徴
  3. 柊鰯は、鬼の嫌がる魔除けの飾り
  4. 恵方巻は七福神に由来する具材の縁起かつぎ

知って楽しい、節分の由来。

じっくりかみしめながら、無病息災を願いましょう!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする