梅雨の時期の癖毛・うねる・広がる髪の毛対策 3つのポイントとは

5月ももう下旬。早い地域では梅雨入りしたところもあるでしょう。梅雨といえば雨が降り続くことで気分が上がらず、どんよりした天気に気持ちまで落ちてしまう…。

癖毛に悩む人にとって特に憂鬱なのが雨の日。ただでさえ癖毛ってセットするのが大変なのに、雨の日ともなれば、それ以上に髪のうねりや広がりが気になるもの。

私も長年、癖毛で悩んでいて、雨の日なんて、せっかくセットしたのに結局意味ないじゃん!と諦めてしまうことが多いです。

仕事やプライベートも雨が降るとセットするのが大変!「どうせセットしたってダメだし、取れるのも時間の問題…」と私のように諦めてしまう人も多いのではないでしょうか。

そこで!私のように癖毛などで悩んでいる人に効果的な方法はないのか調べてみました!

色々調べているうちに私自身もとても勉強になったことがあるので、皆さんにお伝えしたいと思います☆
今からやっても遅くない情報ばかりなのできっと参考になると思いますよ!

まずは梅雨の時期の特徴でもある、雨や湿気で癖毛が出やすくなる原因についての説明から。

スポンサーリンク




雨や湿気で癖毛や髪が広がる原因を知る

雨や湿気で癖毛が出やすくなるのはなぜか

雨が降って湿気が多くなると、髪の毛はいつも以上にうねったり、癖が強く出たりするようになりますよね。これってすごく厄介なもの。ではそれはどうしてなのか。

実は癖毛は直毛よりも髪の毛が凸凹した形状なので、湿気によって水分を多く含む場所とそうでない場所の差が激しいんです。これによって髪の毛がいびつな形になってしまい、直毛の人以上に膨張して広がってしまうというわけです。

雨や湿気で髪が広がるのはなぜか

髪が広がる原因。それは…

「空気中の湿気でも髪内部の水分量が増えるから」

これが答えになります。

癖毛や髪の広がりの原因に水分量というキーワードがあります。どちらにも共通していることなのですが、髪の毛が水分を吸いやすくなるのは2つの原因があるとされているんです!
その原因の1つが髪の毛が癖毛であること、もう1つは髪の毛のダメージがあること。

そこで次に髪の毛のダメージと髪の広がり・うねり・ハネの関係について説明します。

髪の毛のダメージと髪の広がり・うねり・ハネの関係とは

髪の毛のダメージの原因はパーマやカラー、アイロンや紫外線などと言われ、髪が傷む原因になります。これらで傷んだ髪はキューティクルが部分的に剥がれて髪の毛が凸凹になっている状態。

ここに水分が減り込むことで髪が広がり、うねりやハネが起きるということなんです。

わかりやすくまとめると、癖毛という先天的なものの原因以外に、日常で髪の毛を傷めてしまうことも雨の日に髪が広がってしまう原因になりうるということになります。

ではどうしたらいいのか。それはまず、髪の毛が傷まないようにケアをすること!

髪のケアについて3つの対策があるので、それらをこれから紹介します!

広がる・うねる髪の毛の対策方法を知る

ブラッシング

普段皆さんが何気なくやっているブラッシングなのですがこんな効果が!

その効果とは…

まめなブラッシングをすることで、偏った水分を全体に行き渡らせることができる!

効果はこれだけではありません!

★ブラッシングをすることのメリット★

  • 髪の汚れを落とす
  • 頭皮の血行を良くする
  • 頭皮の余分な皮脂を髪にまんべんなく行き渡らせる

ブラッシングをするだけでこんなにも嬉しい効果が期待できるんです!

すごいですよね!

そのブラッシングにおすすめのブラシがコレ!

  • 目が粗く、豚毛や猪毛などの天然素材でできている
  • 柄の部分が木製で、静電気が起きにくい

この2つがポイントのブラシです。

ここでブラッシングする時の注意点があります!

濡れた髪は傷つきやすいため、雨で濡れている髪は必ず乾かしてからブラッシングすること!

この1つを気をつけて下さい。

ドライヤー

ドライヤーも効果的です☆

ただドライヤーするというわけではなく、こんなことに注意すると効果があるそうです!

★ドライヤーする時のポイント★

  • ドライヤーをかける時はウロコ状のキューティクルの向きに逆らわないように「上から下」へかける
  • 根元側から毛先方向に風を当てる

ただ、ドライヤーをかける時にお辞儀のように頭を下げて髪の毛を逆立てるようにして乾かすのはNG!絶対にやめて下さい。

大半の人はドライヤーを使う時に温風を使っていると思いますが、温風よりも冷風を使うことがおすすめ!

冷風を使うことによって髪のダメージを防ぐことができるんです!
これはスタイリングだけではなく、シャンプー後のブロー時にもおすすめですよ。

キューティクルが引き締まって髪のツヤがUPします♪

スタイリング剤

雨の日はスタイリング剤で髪をコーティングしてしまうのも効果的!
髪の表面をコーティングして、余分な水分の吸収を防ぐことができます。

朝シャンする人もいるかと思いますが、そんな人におすすめなものがこちら!

ドライヤーの前に使うオイルタイプの洗い流さないトリートメント!
使う時は表面だけでなく、内側もしっかり塗って下さいね♪

また、ヘアスプレーやワックスも効果的です。

髪の表面に皮膜を作って湿気から髪を守ってくれます。使う時は自然な仕上がりのソフトタイプがおすすめです♪

こんな感じのもの

この3つの対策の他に、こんなことも知っていると便利ですよ~★

梅雨の時期におすすめのヘアアレンジを知る

ブラッシング、ドライヤー、スタイリング剤。この他に梅雨の時期におすすめのヘアアレンジを知ることもポイント★

3つのヘアアレンジを紹介します。

①シニヨン

髪がぼさぼさと広がってしまう梅雨の時期の髪型は、ゆるふわのお団子にしてしまうのがおすすめ!

梅雨の厄介な湿気で広がった髪を上手く隠すことができるヘアスタイルです。

②ポニーテール

ポニーテールはまとめ髪の中でもおすすめのヘア!

梅雨の時期の湿気で広がった髪をカモフラージュするには、ふんわり感を意識したポニーテールがピッタリです!

③ギブソンタック

ギブソンタックは一見難しそうに見える髪型ですが、くるりんぱの要領で髪をまとめるだけで簡単にできるヘアスタイル!

湿気がひどいなと感じる時は一気に髪をまとめてバレッタで仕上げるとパッと手が込んだようなアレンジに仕上がりますよ♪

まとめ

梅雨の時期の癖毛・うねる・広がる髪の毛対策 3つのポイントとは

  • 雨や湿気で癖毛や髪が広がる原因を知る
  • 広がる・うねる髪の毛の対策方法を知る
  • 梅雨の時期におすすめのヘアアレンジを知る

梅雨の時期って雨が降って嫌になりますけど、この3つのポイントを知っておくことで自分のヘアケアについて考えるいい機会になると思います。

このポイントを参考にして梅雨の時期を乗り越えましょう★☆

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする