ピカピカの1年生!入学式にぴったりな男の子の靴は?おすすめ4選

桜の舞う中、まだまだ重そうなランドセルが初々しい!「いよいよ息子も小学生かぁ…」と、親としても感慨深い思いですよね。入学式は、期待と不安の入り混じった、新しい門出の日です。

ランドセルに筆箱、筆記用具も揃った!式に着る服も準備万端!あとは、靴を選ぶだけ。

ここで男の子の居る親御さんは、靴選びに頭を悩ませてしまうところです。

「フォーマルタイプとスニーカーと、どっちが良いんだろう?」「入学式で雨が降ったら、靴はどうするんだろう?」

そんな疑問を抱えているパパ&ママは必見です!新一年生の男の子の靴選びに役立つ、4つのポイントをまとめました。ぜひ、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク




おとなしめボーイは、ちょっと気取ってフォーマルタイプ!

キッズ用のフォーマルシューズは、ちょっぴり背伸びした本格派。足元までしっかりとこだわりたい人におすすめです。汚すと台無しなので、おとなしめボーイに向いています。

決して普段使いではありませんが、急な冠婚葬祭の行事にも万能に対応できる優れもの。フォーマルなシーンに備えて、一足持っておくと安心です。

それに、ローファータイプならほぼ男女兼用のため、兄弟同士でのお下がりにもいけちゃいます!

フォーマル靴といっても、そのデザインは実に幅広いです!個人的に気になるのは、こちらのマジックテープ仕様のローファー。

https://item.rakuten.co.jp/windykids/a-boyshoes-187-8-7/

革靴なのに、どこかカジュアル。脱ぎ履きも楽そうだし、足が痛くなる心配もなさそうです。

ぜひ、チェックしてみてくださいね!

わんぱく君にはスニーカー!いつもの彼らしさを生かそう

「たった1日の入学式のために、フォーマル靴を買うのはもったいない」「うちの子はわんぱくだから、きれいな靴なんてすぐ汚すし…」

そんな人はご安心ください!小学校の入学式は、足元がスニーカーでも全く問題ありません。本人らしさを生かして元気に!翌日から通学靴としても使えるので、経済的かつ実用的ですね。ただし、以下の項目は要チェック!

・新しく新調したものであるか

・もしくは、きれいに洗って新品同様か

・服の色に合わせて違和感がないか(黒一色、白一色がおすすめ)

いくらわんぱく坊やとはいえ、入学式は大切なセレモニー。泥だらけで汚れていたり、履き古してクタクタの靴だと、せっかくのおしゃれも台無しに!

ましてや、服装はばっちりなのに、靴にポケモンやウルトラマンだったりすると非常に残念な見栄えに…。スニーカー派の人も、足元はぬかりなく!

まわりと差をつけたい!おしゃれ上級者はショートブーツ!

「みんなと同じは嫌!」そんなオシャレ上級者にはショートブーツがおすすめです。誰かとかぶることがあまりないので、まわり差をつけるなら持ってこいのアイテムです。

春とはいえ、入学式シーズンは、まだまだ肌寒さが残ります。ハイカットの靴やショートブーツなら、ちょっとした防寒機能もあります。それに、雨が降ってしまった場合にもなかなか防御力高いです!

また、フォーマルシーンにもカジュアルにも活躍してくれるので、一足あれば何役もこなしてくれる優秀なアイテムです!

初心者ならファスナーのない、足を入れたらすぐ履けるタイプがおすすめです。

大ピンチ!入学式に雨が降ったらどうする?

小雨程度なら予定通り革靴やスニーカーでも良いでしょう。どしゃ降りの雨だったら、長靴の方が無難かも知れません。しかし、「足元が濡れるのはイヤ!でも、フォーマルな服装に長靴はちょっと…」と思う気持ちもありますよね。

そんな時に備えて用意しておくと便利なのは

・服の色に合わせたおしゃれなレインブーツ

服装を損ねないレインパンプス

・防水仕様のスニーカー

入学式が行われる春は、天気や気温も変わりやすい季節です。式が終わる頃には雨が上がり、外で写真撮影が行われる可能性もあります。

念のため、長靴を履かせても本来の靴をビニールに入れて持参するという手もあります。

まとめ

ピカピカのランドセルがまだまだ重そう…。入学式を控えた新1年生の男の子の靴選びは、案外悩むところです。お気に入りの1足を見つけるための4つのポイントをまとめると

  1. 本格的にキメたいならフォーマル靴
  2. わんぱく君にはスニーカー
  3. まわりと差をつけたいならショートブーツ
  4. 当日が雨なら長靴でもOK。防水仕様の靴やブーツを用意しておくと安心

入学式前に悩みがちな男の子の靴…。意外と、バリエーション豊かなんです。本人と相談しながら、楽しく選んでくださいね!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする