雪の季節に便利な滑り止め靴 選ぶ時に大事な3つのポイントとは?

冬の季節って外は寒いし、吹雪いてるし、道路はつるつるで凍っているし・・・。
でも、「買い物に行かなきゃ!」、「出かけないと!」って思うこともありますよね。

雪国に住んでいる人や雪国出身の人は雪道で滑らない歩き方を知っているので、ほとんど転ばずに歩くことができるのですが、ほとんど雪が降らない地域に住んでいる人たちはどうでしょうか。

そんな私、雪国育ちですが、高校時代の冬、周りの友達がローファーで通学しているのを見て、真似をして雪が凍ってつるつる滑る道をローファーで通学していました。今思えばあれはオシャレだったのかな。そんな時、やはりつるん!と滑ってしまった私。運のいいことに怪我はなかったのですが、とても怖い思いをしました。

雪道の歩き方に慣れていないと、転びます・・・。冬の季節、都心の人は女性であればブーツやハイヒール、男性であれば革靴やスニーカーなどで出かける人が多いため、ニュースでも見たように転んでいる人がほとんどですね。

先日も日本中を大雪にもたらした寒波で東京都心にも雪が降り、交通機関の麻痺で帰宅困難に遭う人、ノーマルタイヤでの雪道の運転でスリップする車など、とても大きな影響を受けました。

雪道は車だけが滑るものではありません。そう、人間だって滑るんです。雪道で転ぶ人は理由として①雪道に適した靴で歩いていない。②早歩きをしている。③滑りやすい場所を知らない。この2つがあります。

雪道で転ぶと、怪我をすることはもちろん、打ちどころが悪いと命を落とすこともあり、大変危険です。雪道を歩く時に適した靴ってどんな物がいいのか、また選ぶ時に大事なポイントとは何かをこれから説明したい思います。

暖かい地域に住んでいる人に是非知ってもらいたいです!

スポンサーリンク




雪道に適した靴を選ぶ

冬靴は防滑ソールを選ぶ

ほとんどの人が靴を選ぶ時って、実用性よりもファッション性や防寒性で選びがちです。でもそれではよくないんですよね。冬靴はアイスバーンに強く、溶けかかった雪や圧雪にも強い防滑ソールを選ぶことが大事なんです!

靴底を見て4つの滑り止め構造になっているものを選ぶ

靴を買う時に靴底を見る人ってまずいないと思いますが、実は防滑を考える時に大事なことなんです。これには4つの項目があって、下記に書かれたものとなっています。

靴底全体に小さな深い溝があるか

靴底全体に小さな深い溝があるかをcheck!靴底全体に小さな溝があることで地面と接する面積が広くなって安定し、滑りにくくなるという構造。反対に大きな溝だと、間に雪が入り、踏み固められて氷になることで滑りやすくなってしまいます。

靴底に3~5ヶ所、ポイントがついているか

靴底に3~5ヶ所ポイントがついているかをcheck!ポイントとは上の画像のように、アルファベットのNとZの模様がついているものになります。

靴底が滑らない素材でできているか

靴底が滑らない素材でできているかもcheck!滑らない素材とはセラミック、ゴム、スパイクのことをいいます。

靴底のパターンが細かいものであるか

靴底のパターンが細かいものであるかもcheck!細かいものは大きいものよりも滑りにくいです。

男女におすすめの防滑ソール

女性におすすめ

出典:https://item.rakuten.co.jp/shoex/tz0751_s204440031/

女性におすすめなのが防滑パンプス、ショートブーツ!
画像は防滑の入ったショートブーツです。女性らしい色で普段使いができそうですよね♪

インターネットで購入することができますが注意点があります。

【注意点】

  1. パンプスはヒール部分のかかとをcheckする!
  2. 雨用の滑り止め加工の物もあるので、雪用の滑り止め加工がされているかcheckする!

男性におすすめ

出典:https://item.rakuten.co.jp/auc-nonta/10007096/

男性におすすめなのがスノービジネスシューズ!

「スノーブーツじゃ仕事で履けないよ!」という人におすすめのもの。
このスノービジネスシューズ、見た目は普通のビジネスシューズと同じですが、靴底全体が滑り止め加工になっていて、ローファータイプもあります。

雪国への出張用に一足揃えておけば重宝しますよ☆

でもいきなり雪が降ってきた場合はどうしたらいいでしょうか。手元には履いているスニーカーや普通のブーツなどしかありません!防滑ソールがない!どうしよう!
そんな時、便利なアイテムがあるのでこれから紹介したいと思います☆

急な積雪には、簡易式滑り止めを活用する

3つのアイテム

コロバンド★

出典:https://item.rakuten.co.jp/yazawa/728201/

つま先全体をスパイクリールでカバーできるもの。

★靴用スノーチェーン★

出典:https://item.rakuten.co.jp/eagleeyeshopping/k1-x465640h/

靴底中央につけるもの。

★スタッドレスバンド★

出典:https://item.rakuten.co.jp/shoes-bridge/studless-band/

ガラス繊維の薄型滑り止め

この3つはどれも軽量でコンパクトなので、バッグに常備しておくことで急な積雪にも対応することができます!

滑りにくくするアイテムはわかりました。でもまだ大事なことが二つあります。それは転ばない歩き方と滑りやすい場所を知るということです。これを知っているかいないかでもだいぶ変わってきますので、是非知っておいて下さい!

転ばない歩き方と滑りやすい場所を知ろう!

転ばないための心得 「急がず、焦らず、ゆっくりと」

ポイントは足先に重心をかけて小さな歩幅で地面から足を上げすぎないことです。

出入口付近、乗り物の乗降所は滑るので注意!

【滑りやすい出入口】

  • 駐車場
  • 横断歩道など車の出入りがある歩道
  • 地下鉄や地下街からの出入り口

【滑りやすい乗り物の乗降所】

主にバスやタクシーの乗降所が滑りやすいです。降りた時につるん!と滑ってしまう可能性があるので注意が必要です。

まとめ

雪の季節に便利な滑り止め靴 選ぶ時に大事な3つのポイントとは

  • 雪道に適した靴(防滑ソール)を選ぶ
  • 靴底を見て4つの滑り止め構造になっているものを選ぶ
  • 自分の用途に適した物を選ぶ(プライベートか仕事用かなど)

この3つが大事なポイントになります。

温暖化の影響もあり、普段であれば雪が降る場所でなくても雪が降ることも多くなってきている今日この頃です。だからこそ、もしもの時に困らないように備えておくことが大事ですよね。この防滑ソールでこの季節を快適に過ごせること間違いなしです!

是非参考にしてみて下さいね♪

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする