秋ですね。紅葉の種類はよく分らんけど、まわりは色んなモミジだらけ

紅葉(もみじ)は、秋の風物詩!

その品種たるや、世界に約160種類。日本の中だけで数十種類あるらしいです。

日本で見られるのは「ヤマモミジ」「イロハモミジ」「オオモミジ」の三種類だと言われますが、私はぶっちゃけ見分けなんかつきません(苦笑)。

それでも、日本の紅葉狩りスポットには大勢の人・人・人!

紅葉がいかに馴染み深い存在で、人々の心を動かすのかを物語っています。

それに、日本人の豊かな感性で、赤ちゃんの小さな手を「モミジのような手」と表現したりしますよね?

私たちは、知らず知らずに紅葉に魅せられ、紅葉と居るんです。
そんな私の、「小さい秋みつけた」ならぬ「身近な紅葉みつけた」を紹介します。

読んだ人が、「だから何?」とツッコミを入れたくなるのは重々承知ですが…(汗)。

身の回りの紅葉や、紅葉系アイテムの種類をまとめました。この秋開催の「読むツアー」だと思って、3分ほどお付き合いください(笑)。

スポンサーリンク




オシャレの秋。ネイルも紅葉柄にチャレンジ!

私は月に一回のペースでネイルサロンへ通ってます。

秋ネイルのサンプルを見ると、ちょっぴりシックなデザインがメインで、色のトーンもおとなしめの物が多いですね。はたまたハロウィン仕様のユニークなものまで!

そんな中、鮮やかなオレンジやピンク調の紅葉柄は、ひときわ目立ち、季節感に溢れて超可愛いです!

紅葉柄のリクエストは、この季節に多いんだそうですよ。

それにしても、爪のような狭い面積の中に、絵を描いたり小さなストーンを施したり、ネイリストさんってホンット尊敬します!

これぞ、まさに芸術の秋。

初めての人も、この機会にネイルアートにチャレンジしてみては?

紅葉と楓はどう違う?カナダの国旗はカエデマーク!

私の場合、基本的には「モミジ」と呼んでいますが、小学校の理科では「カエデ」と習いました。
呼び方は違うけど、紅葉と楓は両者とも「カエデ科カエデ属」に分類され、基本的には同じなんだそうです。

カナダの国旗のマークは、国を代表する木であるサトウカエデの葉。

日本の旗と同じ色合いなのに、一気におしゃれ感がわくのは私だけでしょうか(笑)。

それはさておき、カエデの樹液から採れるといわれるメープルシロップは最高です(もちろん原産国はカナダに限る!)。

食欲の秋に相まって、パンケーキにはカエデのメープルシロップをたっぷりかけて食べちゃいましょう。

もはや定番!広島名物もみじ饅頭。種類も豊富じゃけえ!

広島グルメって、お好み焼きのイメージが強いですよね?

もちろん私も広島に行けばお好み焼きのことしか頭に無くなります(笑)。

しかし、帰りにお土産を選ぶ際には、もみじ饅頭ばかりを見ている自分がいます。

味も迷うほどたくさんの種類があり、私はチョコ味とクリームチーズ味の単品買いが多いですね。

最近はテイクアウト向けにアツアツの「揚げもみじ饅頭」も人気で、観光客の心を虜にしちゃってます。

野球では広島カープの活躍もあり、広島県がより注目されるきっかけとなったのではないでしょうか?

秋は、レジャーや行楽にピッタリの季節です。

広島観光、カープの応援で来られた際は、ぜひおすすめのもみじ饅頭。

お土産に喜ばれること間違いなしですよ!

最近増えたね、高齢者ドライバーの証「もみじマーク」の車。

私が最近、運転免許の更新に行ったんですが…。

最近はやっぱり、高齢者ドライバーが増えてきてるそうですね。

ちなみに、紅葉の花言葉には「謹慎」「自制」「遠慮」というものが含まれます。

それが関係あるかどうかは知らないんですが(オイ…)。

もみじマークの正式名称は「高齢運転者標識」といって、70歳以上のドライバーが運転する車に張り付ける、努力義務があるマークです。

よくよく見ると、「モミジちゃうやん。どう見ても四つ葉のクローバーやんけ」と、いらんことを言いたくなりますが、それはさておき!

秋は交通安全月間です。

もみじマークカーが走ってたら無理な追い越しはせず、「相手は注意深く運転してるに違いない」などと過信をせず、

こちらも安全運転をより意識しましょうってことですね。

まとめ

何はともあれ、秋ですね。秋と言えば、紅葉の季節でしょう。

紅葉の種類…といっても紅葉の品種ではなく、身近な紅葉系アイテムの種類&そいつにまつわるエトセトラをまとめました。

  1. 秋のおしゃれに紅葉ネイル
  2. カエデはカナダのシンボル。メープルシロップをいただこう
  3. 広島土産のもみじ饅頭は外せない!
  4. もみじマークの車をみたら安全運転をより意識

紅葉狩りだけが全てじゃない!

あなたのまわりの「小さい秋」ならぬ身近な紅葉。ぜひ、目を向けて楽しんでみてくださいね。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする