ホワイトデーにマシュマロは本命って嘘? 昔と今で違うマシュマロ事情

バレンタインが終わり、もうすぐホワイトデーがやってきます。バレンタインにチョコをプレゼントした女性はホワイトデーが待ち遠しい時期ですよね。私も心待ちにしている一人です(笑)お返しは何だろう~?とわくわくしちゃいますよね♪

そんな気になるお返しについて、プレゼントのお菓子に意味があるということはご存知の方も多いと思いますが、マシュマロが本命という意味を持つということをご存知でしょうか。

お返しにもらうお菓子は現在、マシュマロ、クッキー、キャンディー、マカロンの4つなのですが、私の地元では本命という気持ちを伝えるお菓子はキャンディー、そして友達という気持ちを伝えるお菓子はクッキーでした。そのことから、どうやらマカロンで気持ちを伝えるという習慣は最近になってからのようです。

私はネット検索が得意なのですが、最近いつものようにパソコンに向かって、近づいてきたホワイトデーについて調べていたところ、その中のマシュマロについて気になる情報が!

その情報によると、なんと!昔と今ではホワイトデーのマシュマロの意味が変化してきているというのです!
マシュマロは本命に渡すもの。そう聞いたことがある人は「え!?本命じゃないの?」とビックリしますよね…

その意味が変化した原因にはホワイトデーという行事が関係しているとのこと。そこでこれからホワイトデーの由来、お返しのマシュマロ事情について皆さんにお伝えしたいと思います。

バレンタインのお返しに何をプレゼントしようか悩んでいる人もそうでない人も念のため意味を知っていただけたらと思います。

スポンサーリンク




ホワイトデーについて

ホワイトデーのはじまり

バレンタインとは違い、ホワイトデーの歴史は意外にも浅く、昭和50年頃にお菓子業界の広告によって始まったと言われています。

ホワイトデーと関係のある国

ホワイトデーの習慣がある国は日本、韓国、台湾、中国の一部の東アジア圏だけで、ヨーロッパやアフリカ、中東や南アメリカ、北アメリカやオセアニアなど、世界のほとんどの国ではホワイトデーの習慣は見られません。

日本のホワイトデー

ホワイトデーの元祖

日本のホワイトデーの元祖については諸説ありますが、その中でも有力とされているものが、福岡の老舗菓子屋「石村萬盛堂」説。

1978年、この石村萬盛堂がチョコ入りのマシュマロを売り出し、ホワイトデーをマシュマロデーと名付けたことから始まりました。その写真がこちら。

出典:http://www.ishimura.co.jp/

そのチョコ入りマシュマロというものは明治時代から手掛けてきた博多銘菓の「鶴乃子」の黄身餡をチョコに変えたもの。当時チョコのお返しに何が欲しいかというアンケートで上位にあったマシュマロをもとに、銘菓である鶴乃子を使ってチョコのお返しになるお菓子を作れないかと考えた結果、辿り着いたものだそうです。

チョコ入りマシュマロのテーマが当時の日本に大きな反響を呼んだ

このチョコ入りマシュマロのテーマは「君からもらったチョコレートを僕の優しさ(純白の愛)で包んでお返しします」というもの。

なんともロマンチックで素敵なテーマですよね!このテーマが当時の日本に大きな反響を呼び、マシュマロは本命の人に渡すという習慣ができたそうなんです。

この出来事からホワイトデー=マシュマロという習慣が今でも残っています。

でもそれは昔の話で、悲しいことに、昔と今ではホワイトデーのマシュマロの意味が変わってきているというのです。それがこちら。

昔と今で違うホワイトデーのマシュマロの意味

昔のマシュマロは「君からもらったチョコレートを僕の優しさ(純白の愛)で包んでお返しします」という意味だったのに、なんと今ではその逆になってしまったんです!それも「あなたのことが嫌いです」というなんともショッキングな意味に。

でもなんで意味が変化したんでしょうか。それにはこんな理由がありました。

マシュマロが「嫌い」という意味に変わったのはなぜか

マシュマロを食べると、すぐに溶けてなくなってしまうということから「交際しても長続きしない」という意味に変化した。これが理由になります。

昔は好きという意味を持っていたマシュマロ。でも今では好きどころか嫌いという意味に変わってしまいました。では本命に渡すお菓子はどんなものがいいのでしょうか。マシュマロの代わりに本命という意味を持つようになったお菓子がこちらになります。

本命の意味を持つ2つのお菓子

キャンディー

キャンディーは「私はあなたのことが好きです」という意味を持ちます。口の中で長く味わうことができるお菓子ということで、「交際が長く続く」ということから本命のお菓子とされています。

マカロン

マカロンは「あなたは私にとって特別な人です」という意味を持ちます。他のお菓子に比べると高級感があり、値段も高めということから本命のお菓子とされています。

まとめ

ホワイトデーに渡すマシュマロに隠された二つの意味とは

  • 「君からもらったチョコレートを僕の優しさ(純白の愛)で包んでお返しします」という意味
  • すぐに溶けてなくなってしまうということから「あなたのことが嫌いです」という意味

以上がマシュマロに隠された二つの意味です。
このように、マシュマロは正反対の意味を持つお菓子ということがわかりました。

一般的には本命お菓子はキャンディーやマカロンですが、彼女や奥さんがマシュマロの意味を知っていて、それでもマシュマロが好きなら、その意味を超えるほどの愛をマシュマロに包んで渡してもいいかもしれないですね♪

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする