春休み期間はどのくらい?高校最後の春休みを意義に過ごす方法3選

高校を卒業された皆さん、おめでとうございます!この春休みは、大学受験や就活のプレッシャーから解放され、思いっきり羽を伸ばしたくなる時期ですね。

もう着ることの無い制服。3年間、色んな思いの中で通い続けた学び舎とも、もうすぐお別れ。ほんの少しの寂しさと、未来への希望。先の分からない不安が入り混じった、何とも言えない感覚だと思います。

高校最後の春休み期間って、いったいどのくらいなんでしょうか?高校最後の春休みを、どうすれば有意義に過ごせるでしょうか?

その答えと、おすすめの過ごし方を3点まとめました。ぜひ、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク




高校最後の春休み期間はバラバラ。長い場合は2カ月にも⁉

高校最後の春休みは、進路の決定状況やバラつきがあり、また公立と私立でも違いがあります。

早々と進路が決まった生徒だと、試験が終われば2月からは自由登校です。逆に大学の二次試験を控えている生徒は、卒業式の日(一般的に3月1日前後)まで登校して勉強する人もいます。

ちなみに在校生の場合だと、春休みは3月25日~4月7日程。およそ2週間ですね。

今は高校の授業スタイルも多様化しており、3年生の2学期末で高校過程の授業もすべて終えてしまうところもあるとか…。また関西の某私立高校だと、卒業式を1月下旬に行うため、およそ2カ月ほどの長い春休みを過ごすことになります。

次の章からは、高校最後の春休みを有意義に過ごすために、おすすめの方法を3つにまとめました。ぜひ、参考にしてくださいね。

おすすめその1:車の免許を取る

進路が早々と決まり、春休みを長めに取れる人にはおすすめの過ごし方ですね!大学などに進学後、夏休みに帰省して教習所に通う人も多いですが、春休み中に免許を取っておけば、一足先に運転デビューが叶います。

できるだけ早く免許が取りたい人は、免許合宿を経験してみるのも良いかもしれませんね。合宿だと教習料金は20万~25万程度。期間は2週間強です。

普段と違う環境に身を置くことで、刺激のある、充実した時間を過ごすことができます。

一方、自分の予定に合わせて家から教習所に通うのもアリでしょう。料金は30万~35万程で、早ければ1か月ぐらいで卒業できます。

パンフレット片手にじっくり考えたいところですが、合宿の場合、春休みは予約が殺到するところもあります!決断は早い方が良いですね。

おすすめその2:アルバイトでお金を稼ぐ

「なんとか1カ月ほどの休みを確保できそう!」そんな人にはアルバイトをおすすめします。

なぜ最低1カ月かと言いますと…。

残念ながらバイト先によっては、「高3かぁ…。学校や会社が始まったら辞めちゃうんだよね?」と採用を渋られる場合もあります。

なので、短期間でもOKのところを探す必要があります。

この時期に求人が多いのは、引っ越しのバイトやイベント系のバイトなど。

人がよく動くこの時期は、引っ越し業界も大忙しです。また、花見を始めイベントも各地で行われるため、単発の販売スタッフなども募集が多いです。

春休みの短期バイトがぎっしり詰まったサイトはこちら

http://shotworks.jp/sw/contents/sp/landing/spring.html

時間を有効に使えて財布も膨らみ、社会勉強もできる。3拍子揃って素晴らしいですね!

おすすめその3:新生活の準備をする

卒業式や試験の結果発表が遅い場合は、悠々と春休みを満喫できないことも。それなら限られた休みの中で、新生活の準備に力を入れましょう!

入社式、入学式で着るスーツの新調、進学や就職で実家を離れるなら、新居の準備。買い物をしたり、掃除をしたり、一人暮らしのための情報を集めたり…。意外とやることが多く、バタバタするかも知れません(笑)。

それでも、これから少しずつ少年・少女という殻を破り、新しい生活がスタートすると考えるだけで、なんだかわくわくしますよね!試行錯誤して、時に失敗しながら、新生活の準備を楽しんでください。

まとめ

高校最後の春休み期間はどのくらいなのか?そして、おすすめする有意義な過ごし方を3つ紹介したものをまとめると

  1. 高校最後の春休み期間は学校によってバラつきがある。長ければ2カ月も!
  2. 車の免許を取るのもおすすめ。合宿なら早めの予約を!
  3. アルバイトでお金を稼ごう。春休みの短期バイトを狙え!
  4. 限られた休みを利用して新生活の準備をしよう

草花が芽吹き、桜も花開く温かい春。高校最後の春休みが、みなさんをまた一つ大人にします。それぞれの道を、力いっぱい輝きながら進んで行ってください!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする