花粉症にはヨーグルトがいい! おすすめのヨーグルトと効果的な食べ方

寒い冬が終わると暖かい春がやってきますね。でもその時期って花粉症に悩む人も多いのではないでしょうか。

私も数年前から花粉症になり、毎年辛い思いをしている一人です。急な鼻水と連発するくしゃみ、そして目のかゆみ…もうどうにかして!と思ってしまいますよね。春が近づいてくると花粉症の薬をもらいに病院に行くのですが、2年前に父から花粉症にはヨーグルトが効くという話を聞いたことがあり、スーパーに売っているヨーグルトを食べたことがあります。

そこでネットで実際に調べてみると、ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌は花粉症の症状を軽減するとの情報がありました!

でもヨーグルトの種類って色々ありますよね。どのヨーグルトがいいのか迷ってしまいます。
そして「いつ食べるといいのか、食べる量はどれくらいでどれくらいの期間食べると花粉症に効くのか」という具体的な食べ方もあまりよく知らないという人も多いと思います。

そこで今回、花粉症への効果が期待できる乳酸菌などが入ったおすすめのヨーグルトとその食べ方についてこれから皆さんに紹介したいと思います。

花粉症に悩んでいる人、花粉症対策をしたい人必見ですよ☆

まずその前に花粉症とヨーグルトの関係について説明したいと思います。

それがこちら。

スポンサーリンク




花粉症とヨーグルトの関係

花粉症の原因

花粉症などのアレルギー症状は免疫細胞のバランスが崩れ、免疫が花粉に対して過剰に反応することで起きます。

ヨーグルトの働き

ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌腸内環境を整え、善玉菌を増やしてくれます。また、免疫力アップの効果があり、これが花粉症やアレルギーの原因となる免疫細胞の働きを調整して、アレルゲンに対する過剰反応を起きにくくしてくれるという効果もあるんです。

善玉菌が増えることで期待できる効果

  • 免疫力のアップ
  • アレルギー症状の改善

このように2つの嬉しい効果が期待できます!

では花粉症に効くヨーグルトとはどのようなものなのか。これから紹介したいと思います。

花粉症に効くヨーグルト

乳酸菌入りヨーグルト

現在200以上の乳酸菌が見つかっており、乳酸菌を摂り続けることで腸の機能を改善し、花粉症の症状を緩和するというデータがあります。

おすすめの乳酸菌入りヨーグルト

クレモリスFC株

生きたまま腸まで届く乳酸菌が入っているもの。プレーンの無糖タイプは原材料が生乳のみで、添加物が入っていません。

●カスピ海ヨーグルト

出典:http://www.caspia.jp/

L-92乳酸菌

カルピス社が見つけた乳酸菌が入っているもの。

●アレルケア 飲料タイプ

出典:https://www.calpis-shop.jp/products/l92_drink.html/

厳密にはヨーグルトではありませんが、飲むヨーグルト感覚で摂ることができます。アレルケアの他の商品はサプリメントですがこれは飲料タイプとなっています。

乳酸菌シロタ株

ヤクルトに含まれている乳酸菌が入っているもの。色々な種類のヨーグルトがありますが、次の4つのヨーグルトはアレルギー悪化の原因となる人工甘味料が含まれていないのでおすすめです。

  • ソフール プレーン加糖
  • ソフール ストロベリー加糖
  • ソフール 温州みかん&デコポン
  • ソフール 元気ヨーグルト

●カップdeヤクルト

●ジョア アロエ(食べるタイプ)

フェカリス菌

菌の大きさが小さく、同じ量でも多くの菌を摂ることができる特徴をもつもの。
スギの花粉症やアレルギー性鼻炎の症状緩和のデータがあります。

L-55株・L-55乳酸菌

オハヨーから出ているL-55乳酸菌が入っているもの。全て人工甘味料を使用していません。

●生きて腸まで届くL-55乳酸菌 たっぷり生乳ヨーグルト

原材料が生乳、砂糖のみで添加物が入っていません。

●おいしく果実

●1日分の鉄分ヨーグルト

TMC0356乳酸菌

LGG乳酸菌とTMC0356乳酸菌を使用したものがありますが、LGG乳酸菌はどちらかというとアトピー対策としてのものだそうです。

TMC0356乳酸菌花粉症対策として使用されています。

●ヨーグルトWの乳酸菌

花粉症が多い春の時期のみ限定販売されているものです。(2018年は1月22日~4月1日期間限定)

ビフィズス菌入りヨーグルト

花粉症対策の効果が期待できるビフィズス菌が入っているヨーグルトです。

おすすめのビフィズス菌入りヨーグルト

ビフィズス菌BB536株

●ビヒダス

ビヒダスは4パックタイプのものには人工甘味料が使用されているので、それ以外がおすすめです。

このように、花粉症に効くヨーグルトは意外にもたくさんの種類がありますね。
最後に花粉症対策に効果的な食べ方について紹介します。

花粉症対策に効果的な食べ方

いつ食べるといいの?

食べるタイミングは色々な説がありますが、ヨーグルトに含まれている菌は胃酸に弱いという特徴があります。そのため、菌を効果的に摂れるタイミングは、食後または食後少し経ってからがおすすめです。食後のデザートとして食べると効果的ですよ♪

花粉症対策として食べる期間はどれくらい?

ヨーグルトは一定期間以上食べないと効果がないと言われています。そのため食べる目安は最低でも1~2ヶ月以上は必要ですね。花粉症が辛いシーズンよりも1ヶ月以上前からヨーグルトを毎日食べることが大事です。

食べる量の目安はどれくらい?

花粉症対策としてヨーグルトを摂る場合はある程度の菌の量が必要と言われています。菌の量は菌の大きさやメーカーが作っているヨーグルトの含有量によって異なりますが、目安は1日100g以上です。

カップで販売されているヨーグルトは1カップを目安
大容量サイズのヨーグルトは1日100g以上を目安に食べるといいです。

まとめ

花粉症対策におすすめのヨーグルトと効果的な食べ方

  • 花粉症対策におすすめのヨーグルトは乳酸菌とビフィズス菌の入ったものを食べる
  • 食べる時は食後、または食後少し経ってからにする
  • 1~2ヶ月以上は続けて食べるようにする
  • 花粉症が辛いシーズンは花粉が飛散する1ヶ月以上前から食べるようにする
  • 1日100g以上を目安に食べる

花粉症対策におすすめのヨーグルトと食べ方は色々あるということがお分かりいただけたと思います。

ここで注意点!アレルギー体質の人はなるべく、アレルギー悪化の原因となる人工甘味料が入ったものは避けたほうがいいですね。アレルギーが悪化する可能性があるのでおすすめしません。

ヨーグルトを毎日食べるって簡単なことではないですよね。毎日食べるのが大変だという人はドリンクタイプのものでも大丈夫なので是非試してみて下さい★

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする