花粉症の薬はいつから飲み始めるといいの? ~花粉症の治療~

立春を迎え、暦の上ではもう春ですね。2月も中旬になり、少しずつ春に近づいている今日この頃。寒い冬が終わると暖かい春がやってきますが、この時期にくしゃみや鼻水、目のかゆみなどの症状で困る人もいるのではないでしょうか。

この困った症状、もう皆さんお分かりですよね。そう、花粉症です。今では国民の4人に1人が花粉症であると言われ、毎年多くの人が悩まされている病気でもありますよね。

今まで花粉症になったことがない人も、ある日突然発症する困った病気なので、自分は大丈夫と油断はできません!春のスギ花粉が一番有名ですが、実は春だけではなく、夏や秋にも花粉が飛散しているってご存知ですか?今では夏や秋の花粉症に悩んでいる人も増えてきているんですよ。

そんな私も花粉症で悩んでいるうちの一人です。仕事柄外に行くことが多かったのですが、ある日突然くしゃみが出始め、そして止まらない鼻水目のかゆみと年を経るごとに少しずつ症状が現れ始めました。今までこんなことなかったのにどうしたんだろう…とさすがに心配になり、一緒に仕事をしていた上司に相談したことがあります。

その上司に一度アレルギー検査してもらったほうがいいと言われ、病院を受診したところ、スギ花粉の他に聞いたことのない植物の花粉にトップレベルでのアレルギー反応がありました。私の場合はスギ花粉から始まり、カモガヤとハルガヤというイネ科の植物に反応が。しかもそのイネ科の植物はMAXの反応…。正直驚きました。それから現在までの長い付き合いです(汗)

花粉症持ちの人もそうでない人も気になるのが薬を飲み始める時期ですよね。そして花粉の飛散やピーク時期がいつからいつまでかと悩む人も多いのではないでしょうか。

実は花粉症の予防として予防薬はとても効果的です!私も花粉症の薬を毎年飲んでいて病院に通院しているのですが、そこで医師から言われたことがあります。それがこの予防薬を飲み始める時期です。

花粉症持ちの私がこれから皆さんに知ってもらいたいのが花粉症の予防薬を飲み始める時期と季節で違う花粉の種類・花粉の飛散時期です。

これからの季節、花粉症になりたくない人症状をできるだけ和らげたいという人に是非知ってもらいたいです。

まず最初に花粉症についての説明です。

スポンサーリンク




花粉症

花粉症の原因と症状

花粉症の原因は植物の花粉。これが人間の目や鼻の粘膜に付着すると、体に侵入した花粉を敵だと認識してしまい、様々なアレルギー症状を起こします。過敏体質の人に起こるアレルギー症状でもあります。

花粉症の主な症状

  • 鼻がむずむずしてかゆい
  • くしゃみが出る、くしゃみが止まらない
  • 鼻水、鼻づまりがある
  • 鼻水がさらっとした水のようなものである
  • 目がかゆい、しょぼしょぼする
  • 目が腫れる
  • 涙が出る、涙が止まらない
  • 咳が出る、喉が痛い
  • 微熱がある
  • 体がだるい
  • 集中力が低下し、頭がぼーっとする

花粉症の症状は見ての通り様々ですが、これは経験したことがある人ならどれほど辛いかわかると思います。

でも花粉症にならない人もいますよね。花粉症になりやすい人とそうでない人には特徴があるんです。それがこちら。

花粉症になりやすい人・なりにくい人の特徴

花粉症になりやすい人

  • 生まれつき抗体が作られにくい人
  • アレルギー体質の人
  • 子どもの頃から不規則な食事時間や栄養の偏った食事をしている人
  • インスタント食品やスナック類、保存食、加工食品などの食品添加物を多く含んだ食品をよく食べる人

花粉症になりにくい人

  • アレルギーへの抵抗力が強く、免疫力が高い人
  • 規則正しい生活をしている人
  • 疲れやストレスを溜めない人
  • 適度に運動している人
  • 体温が高い人

このような特徴の違いがあります。医師曰く、花粉症はほとんどが遺伝性とのことですが、必ずしも親が花粉症だからといって発症するというわけでもないそうです。私の場合は小さい時からアトピー性皮膚炎で、更に父が花粉症持ちなので、それで発症したのかな~と思いました…。

花粉症の原因は植物の花粉ですが、その原因となる花粉はなんと50種類以上存在すると言われています。この数…意外にも多くて私も驚きました。その花粉の種類と飛散時期についてはこちら。

花粉の種類と飛散時期

春の花粉

春は樹木の花粉が飛び始めるため、最も花粉症になる人が多い時期です。

花粉の原因となる植物 花粉が飛散する時期 花粉が飛散する地域
スギ 2月~4月 北海道を除く全国各地
ヒノキ 3月~5月 関東以南
リンゴ 4月~5月 東北が主
コナラ 4月~5月 全国各地
ハンノキ 1月~6月 全国各地
オオバヤシャブシ 3月~4月 関東
シラカンバ 4月~5月 関東以北

夏の花粉

夏の花粉の原因となるものはイネ科の植物です。

花粉の原因となる植物 花粉が飛散する時期 花粉が飛散する地域
カモガヤ 4月~7月 全国各地
ハルガヤ 4月~7月 全国各地
ホソムギ 4月~7月 全国各地
オオアワガエリ 4月~7月 全国各地

秋の花粉

秋の花粉の原因となるものはブタクサです。

花粉の原因となる植物 花粉が飛散する時期 花粉が飛散する地域
ブタクサ 8月~9月 全国各地
オオブタクサ 8月~10月 北海道を除く全国各地
ヨモギ 8月~9月 全国各地
カナムグラ 8月~10月 全国各地
カラムシ 9月~10月 北海道を除く全国各地

冬の花粉

花粉症は春のイメージが強いですが、実は冬にも注意が必要!ピーク時期に比べると少量ですが、花粉が飛散することがあります。

【冬に飛散する主な花粉】

スギ、ヒノキ、ハンノキ、イネ科、ブタクサ、ヨモギ

このように季節によって種類の違う花粉が飛散します。春だけでなく他の季節も花粉に注意する必要があります!

花粉症の治療方法

薬物療法

 

錠剤の他、点眼薬や点鼻薬を処方して症状を緩和する方法です。花粉症の予防策には、強い症状が出る前から治療薬を服用し始める「初期療法」が効果的と言われています。

飲み始める時期

飲み始める時期は花粉が飛散する2週ほど前が一番効果的と言われています。
自分に合う花粉症薬を正しく服用することが大事なので、初めての人は医療機関を受診し、医師から適した花粉症薬を処方してもらって下さい。

市販の薬を購入する場合は、薬剤師に相談して自分の体質や症状に合った薬を適切に購入することをおすすめします。

まとめ

花粉症の薬を飲む上で大切な2つのポイント

  • 花粉症の薬は花粉が飛散する2週間前から飲み始める
  • 季節によって花粉の種類が違うので、自分の症状が出る花粉の時期を知る

花粉症の予防薬を適切な時期に飲み始めることで花粉症を和らげることができるので参考にしてもらえたらと思います。

花粉症の方はこれから嫌な時期に入ってきますが、早めに対処して気持ちよく春を迎えたいですね。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする