さあ卒業式です!髪型でお悩みのお母さんいますか?おまかせください

最近の卒業式ではお母さんたちはスーツが多いようですね。でも時折り和服の方を見かけることもあり、なんだか新鮮な感じがします。

和服って、そもそも華やかさがあります。春の卒業式、また入学式に和服はとてもふさわしいファッションだなあと思います。

スポンサーリンク




卒業式なんだからオシャレがしたい!

子どもの卒業式には、スーツで決めてオシャレして出席したい。なんといっても、かわいい子どもの大切な門出ですから、“きれいなお母さん”として子どもの記憶にとどめたい(もちろん記念写真も)!

しかし、そればかりでなく同じく卒業する子ども同級生たちのお母さん方に対してもアピールしたい!というのも本音です。

卒業式に着るスーツは基本的に礼服になりますが、法事ではなく、ここはハレの式典ですから、それなりの晴れやかさは演出したいですね。

卒業式はお別れのセレモニー

卒業式に付き添うお母さんの服装はもちろん正装でというのが定番です。最近ではスーツが主流になっていますが、卒業式はセレモニーですから、スーツマナーというものがあるそうです。

卒業式では「ダーク」を基調としたスーツを着用します。例えばブラックやグレー、ネービーといった色調です。これは卒業式ということで“お別れ”の意味合いを込めているのだといいます。誰がこれを決めたのかというのは私にはわかりませんが、“慣習的“にということなのでしょう。

ファッションコードとしてはセミフォーマルですから、必ずしもかっちりとした正装で固める必要はなさそうです。

ちなみに入学式の服装の基調は「パステルカラー」だそうです。

それでもどこかに欲しい華やかさ!…でも気をつけて

別れのセレモニーといっても卒業式は、子どもたちにとって新しい世界への羽ばたきの瞬間です。母親としてはダークのスーツにつつまれていても、子どもの羽ばたきへの祝福を表現したいと感じます。

そこで登場するのがアクセサリー。これはパールなどのネックレスが基本になるでしょうか。

確かに下手をすると母親ファッションショーになりかねない子どもたちの卒業式ですが、あくまでも主役は卒業する子どもたちですから、この辺りは気をつけたいです。

あくまでも厳粛な卒業のセレモニーですから、保護者としてのファッションでは清潔感と清楚さが好ましいとされています。でもその中にきらりと光る華やかさがあてもいいのではないかと私は思います。

それを表現するのか髪型なのかなあと考えるわけです。

やっぱりテーマは清潔感と清楚さです!

卒業式の髪型に服装のような慣習的なルールは無いようです。大事なのは服装に合った見た目に心地よい髪型を心がけるということなのでしょう。

とはいえ、ショートやミディアム、そしてロングなど、それぞれのヘアースタイルについての推奨するアレンジ方法はあるようです。

例えば、ショートでは内巻きの髪型、ロングの方には夜会巻きやハーフアップの夜会巻きなど、それぞれの方の条件にあわせたアレンジをおススメするサイトが数多くあります。

これらで共通するのは、あくまでも清潔感と清楚さということのようです。主役は誰か忘れるな!というメッセージですね。

確かに、服装は清楚に決めているつもりでも髪型でこれを否定してしまうという失敗例も時々目にすることがありますので、ここはしっかりと押さえておきたいポイントです。

これは男目線ではありますが、清楚さの中に秘めた華やかさを感じるということもあるのです。

まとめ

  1. 子どもの卒業式にはオシャレをして決めたい!写真も撮りたい!
  2. でも服装の基調カラーは「ダーク」でファッションコードは「セミフォーマル」です。
  3. それでもお祝いのセレモニーなのだから、華やかさがあってもいいが、主役は子どもです。
  4. ファッションテーマは清潔感と清楚さ。
  5. そんなファッションでは髪型も大切!それぞれのヘアースタイルでアレンジしましょう。
  6. 髪型に気を使い清楚さの中にある秘めた華やかさを目指しましょう!

話は違いますが、最近では卒業式の歌では、かつてのように別れや教師への感謝を表現するのではなく、子どもたちの未来を感じさせるものに変わってきています。さすがに今では「仰げば尊し」や「蛍の光」を歌う式典を見かけることはありません。最近では「旅立ちの日に」や、いきものがたりの「YELL」などが歌われています。

かつては卒業式は情緒的に過ぎる嫌いがあったのですが、最近では爽やかさをテーマにしているようです。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする