冬のスポーツを快適&おしゃれに楽しめ!服装選びのポイントは?

スキーにスノボ。子どものソリ遊び…。人はなぜ、滑ろうとするのか⁉

それは…そこに雪山があるからだ‼

真っ白なゲレンデはたまらなく寒いけど、ウィンタースポーツ派には熱く燃える季節。

雪山でなくても、冬だからこそ楽しめるスポーツは盛りだくさんですね。

どうせやるならウェアもおしゃれに、かつ機能性の良いものをチョイスしたい!

そこで、各スポーツ別「ウェアの選び方おすすめポイント」を紹介します。

ウィンタースポーツに挑戦したい人、そろそろウェアを新調したいと思っている人は要チェックですよ!

スポンサーリンク




ウィンタースポーツの代表格!スキーやスノボのゲレンデウェアは?

デザインも大切だけど、やっぱり素材にもこだわり、機能性を重視したいところ。チェックすべきポイントは、

・防水性…雪は夜更け過ぎでなくても水に変わります。

・透湿性…これが悪いと、汗でムレムレになりますよ。

・防風性…首回りから隙間風が入るとクッソ寒いです。

・防寒性…羽毛素材は温度調節が難しい。脇の下にチャックが付いているデザインは暑くなってきたときに非常に助けられます。

ショップには目移りするほど様々な種類がありますが、あまり安物はオススメしません。

身につけるものが快適でないと、せっかくのゲレンデも厳しい雪山に成り下がってしまいますからね。

上記の機能性がぴか一の人気ブランドは、

「686」「ゴアテックス」「フェニックス」

購入の際は店員さんのアドバイスも取り入れつつ、試着も忘れずに!

いざ行かん、雪山へ。スノートレッキングはスノーシュー選びが命!

サクサクと響くリズミカルな足音。

真っ白い自然の芸術に魅せられて、この季節ならではの雪景色を心ゆくまで楽しむ…。

スノートレッキングも、今は「上級コース」「ファミリーでのんびりコース」などとツアーが組まれるほどになり、人気のアウトドアレジャーになりつつありますね。

雪山ハイキングになるので、スノーシューと呼ばれる靴選びが命。

日本の雪国生活に欠かせない、「かんじき」の洋風バージョンですね。

足に心地よくフィットするものを選ぶことがポイント。

試着の際は、履いたら必ず少し歩いて確かめてくださいね。

スノーシューは、登山用と平坦地用の2種類に分けられます。

登山用は上級者向き。ハードな雪の斜面にもがっちり食い込んで対応することができます。

初心者なら、平坦な雪道を散策できる平坦地用から始めると良いでしょう。

ウェアは、スノボ用やスキー用のものでOK。

しかしスノートレッキングって、意外にハードで汗をかくんですよ。

体感温度に合わせて脱ぎ着できるよう、重ね着がおすすめです。

プロ選手みたいにヒラヒラ衣装が着たいけど…スケート場でも服装は大事!

フィギュアスケートで日本人選手が大活躍している影響もあり、アイススケートも人気スポーツの1つ。

家族でのレジャーや、デートにも良いですよね!

ただし、テレビで見るような氷の妖精の真似をして、薄着のヒラヒラスカートなんか着て行っちゃだめです。

氷の上は、転んだり人とぶつかったりと、実は危険がいっぱい。

また、場内の氷が溶けるのを防ぐために気温も低めに設定されています。

このことから、安全と防寒を意識したウェアを身につける必要がありますね。具体的には、

・長袖

・長ズボン

・手袋

・帽子かヘルメット

体が温まってくるとダウンジャケットを脱ぎたくなるので、サクッと脱ぎ着できる軽いものがベター。

私はいつも、アンダーウェアにヒートテックを着用し、ストレッチ性のあるトップスとボトムで動きやすいスタイル。袖の無いダウンベストはマストですね。

マラソンもウェアにこだわりたい!お気に入りを見つけよう

今までは応援専門だったんですが、マラソン好きな会社の上司に感化されまして(笑)。

来年の愛媛マラソン参加に向けて練習することにしました。走るって気持ちいいですね!

冬場の長距離走となると、体にかかる負荷を考慮した機能性も非常に気になるところ。

おすすめなのは、

・スポーツ用の五本指ソックス…しっかり地面で踏ん張れるので、足首の負担を軽減できます

・トップスはポリエステルと綿の混合素材…吸水性、通気性、速乾性が良いので、体温調節がしやすい

・マラソン用のタイツ…負担がかかる部位のサポート、体のブレの抑制抑制など、疲労軽減の効果あり

お気に入りのウェアはモチベーションを上げてくれます。デザイン、機能性、どっちも譲れませんね!

まとめ

冬は寒いけど、ウィンタースポーツはアツイ!冬の各スポーツウェアの選び方をまとめると

  1. ゲレンデウェアは機能性を重視!人気ブランドも要チェック
  2. スノートレッキングはスノーシュー選びが命
  3. アイススケートの服装は防寒と安全を意識せよ
  4. オシャレなマラソンウェアも機能性は大事

さあ、素敵なウェアを探しにショップへGO!冬のスポーツはとことん楽しんだ者勝ちですよ。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする