冬のディズニーランドを子連れで楽しむための4つの対策とは?

出典:http://www.ikuji.info/travel/disney-service/

友達、カップル、夫婦、家族など色々な人達が訪れているディズニーランド。今ではベビーカーに乗せて小さい子どもを一緒に連れて行くという子連れも珍しくありません。むしろ子連れディズニーも今では当たり前になってきているのでは?冬のディズニーは行ったことがある人は知っていると思いますが、とにかく寒い!私も何回か行ったことがありますが、冬はとにかく寒かったです。ただでさえ寒いのに海風が吹いて更に体感温度が下がる下がる。

私の友達が子連れでディズニーに行ったことがあり、子連れで冬のディズニーに行く時に大事な対策を教えてもらったことがあります。そこで今回、友達の情報を元に、冬の時期、子連れでディズニーに行くことを考えている方へその4つの対策を教えちゃいます。子連れディズニーを考えている方、必見です!

スポンサーリンク




冬のディズニーランドの気温を知る

ディズニーランドは12月~3月くらいにかけては10℃以下になることが多いです。そして周りが海なので風が吹きます。天気が良く南よりの風が吹けば温かい日となり、又、年に数回は小雪がぱらついたり時には積雪となる日があるのがディズニーランドです。 出かける前には、天気予報をチェックし、服装や持ち物をよく考え最適な物をチョイスして出かけて下さい。

両手が空くリュックを持って行く

歩けるようになった子どもは動き回ることが多く、動いているうちに暑くなって着ていた上着を脱ぐことも多いので、脱いだ上着を入れれるようにリュックを持って行くといいです。また、アトラクションの待ち時間が長いことが多く、子どもは待つのが苦手なので暇つぶしのおもちゃやグッズがあると快適に待つことができます。汗をかいた時用のタオル手が汚れた時用のウエットティッシュ小腹がすいた時用のお菓子も一緒に入れておくといいですね。

手が消毒できる物を持って行く

冬は風邪やインフルエンザなどの感染症が流行する時期。せっかくディズニーで楽しんで帰ってきた後で熱を出し、保育園、幼稚園、小学校などの通園、通学に支障が出てしまう・・・なんてことにならないように、手をこまめに消毒して菌やウイルスを寄せ付けないようにしちゃいましょう!レストランで食べる前アトラクションの手すりを触った後トイレの後など、こまめに消毒することで、菌やウイルスから身を守ることに繋がります。これは今の時期、とても大切なことです。

子ども、赤ちゃんの防寒をしっかりする

乳幼児の子どもの防寒対策をしっかりする

●ベビーカー用フットマフ

乳幼児の子どもにオススメなのがベビーカー用フットマフ。これは赤ちゃんをすっぽりと包み込む寝袋のような物で、風が吹いても覆われているので体が冷えません。タイプはベビーカーと一緒にセットになっている物と、どのベビーカーにも合わせることができる物の2種類のタイプがあり、色、形など色々なデザインがあります。フットマフによっては下の部分を取り外したりチャックを開けたりすることで足を出せるようになっている物もありますね。ただ、これは寒さから身を守るために、凍えないようにするための最低限の物なので、温かい屋内の施設に入ったら赤ちゃんをフットマフから出して温かい空気に触れさせ、全身を温め直してあげて下さいね。

☆授乳中のママにはこんなアイテムがおすすめ♪

ディズニーにはまだ授乳中のママもいます。そんな時に授乳用の普段の服装のまま行けたらいいのに!と思っているママにおすすめしたいのがこのアイテム。カーディガンとして、セーターとして、抱っこひもとして、授乳ケープとして4Wayになっている優れモノ!全てのパターンに使うことができるのでママは助かること間違いなしですね。

1~3歳の子どもの防寒対策をしっかりする

●ダウンジャケット

まだまだベビーカーに乗っている子どももいると思いますが、これくらいの年齢になると、自分で歩けるようになるので、ベビーカーを降りて歩き回ることも多くなってきますよね。そんな時におすすめするのはダウンジャケットです。これにはロンパースタイプとオーバーオールタイプがあり、前者は足首の部分から足を出すことができ、後者は足元を完全に覆うことができるというメリットがあります。後者は頭から足元まですっぽり包める上に通気性が良く、動きやすいのでベビーカーに乗っている子どもにおすすめです。

●帽子、耳当て、ネックウォーマー、手袋

頭や首周り、手を冷やさないために大事な物です。頭や首周りが冷えてしまうと、鼻水が止まらなくなったり、大人でも頭痛を感じたりします。首にはネックウォーマーを身に着けるといいですね。マフラーでもいいんじゃないの?と思う人もいると思いますが、マフラーだと何かに引っかかって首が締まってしまう危険があります。また、マフラーを首に巻くのを嫌がる子どももいたりするので、首周りはその心配がないネックウォーマーをおすすめします。また手を冷やさないために手袋を身に着けることも大事です。手が冷えてしまうと霜焼けになってしまったり、寒さ、冷たさで手が痛くなって子どもが泣き出してしまうこともあるので、手袋は子どもが嫌がらない限りはつけておくことをおすすめします。

まとめ

冬のディズニーランドを子連れで楽しむための4つの対策

  • 冬のディズニーランドの気温を知る
  • 両手が空くリュックを持って行く
  • 手が消毒できる物を持って行く
  • 子ども、赤ちゃんの防寒をしっかりする

この4つが大事な対策になります。この対策をしっかり抑えておけばバッチリ☆★

冬のディズニーはクリスマスなど楽しいイベントもあるので、ぜひ、子連れディズニーでの思い出をたくさん作って下さいね♪

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする