秋のスポーツファッションはタウンユースしてこそバッチリですよね!

「秋になったからって、なんでスポーツしなくちゃあいけないんだ!」と、ちょっと八つ当たり気味の愚痴をいう私ですが、実はカジュアルでは年中スポーツウエアを着ているという事実を知って、唸りました。

ただカジュアルウエアってだいたいがスポーツファッション出身なんですね。

スポンサーリンク




「スポーツの秋」はいつからはじまったの?

「スポーツの秋」といういい方がいつからはじまったのかはよく分かっていません。しかし日本では、前回の東京オリンピックの頃からのようです。文部省では東京オリンピックを機にスポーツ振興をうたっています。

戦後の高度成長期の時代にも入り、国民の体力向上を呼び掛ける余裕も出てきたのかもしれません。東京オリンピックが終わった2年後に10月10日は「体育の日」として、日本中でさまざまなスポーツイベントが開催されるようになりました。

スポーツとファッションは仲がいい?

スポーツをする時は、普段の服装を着替え、スポーツウェアを装います。スポーツに合った機能的な服装こそが望ましいからです。それに、スポーツウェアって、そこそこカッコよく見えます。

ついにスポーツウエアを街着としてアピールする人も出てきます。

「スポーツウェアってけっこう機能的だしさ、それにオシャレだろ?うまくコーディネートすると街着のカジュアルにピッタリなんだよ…」

さあ「スポーツミックス」ファッションの誕生です!

いや、ちょっと待ってください。

「スポーツミックス」の誕生は意外に古い!

なんだか最新のコンセプトのように聴こえてくるこの「スポーツミックス」ですが、実はこのような着こなしはけっこう古くから行われていました。

西欧社会では19世紀の終わりごろになると、ライフスタイルが大きく変化し始めました。産業革命を経て社会が豊かになると庶民もスポーツやレジャー、スポーツ観戦を楽しむようになります。

人々の間にスポーツ選手の体型やそのウェアの着こなしを理想とする風潮が浸透してきたのだそうです。1910年代、英国でテニスやクリケットの選手のウェアであるストライプブレザーや白のフランネルシャツがコートを飛び出しタウンウェアとしてファッション化します。「スポーツミックス」の第一波です。1920年代にはゴルフウエアの定番だったニッカボッカとジャケットの組み合わせのプラスフォアーズやセーターが街に進出します。アメリカではバスケットボールや野球、アイスホッケーのなどのウェアアイテムが街着としてファッション化していき、現在に至ります。

その時代その時代の人気スポーツのウェアアイテムがタウンファッションとなっています。

スポーツファッションはヒーローへの憧れ?

スポーツウェアが、ファッション化した理由は、スポーツ選手への変身願望もあるのかもしれません。スポーツファンにとっては。トップ選手はヒーローです。ヒーロに姿形だけでも近づきたいと思うのは仮面ライダーに憧れる幼児も、かつてのタイガー・ウッズにぞっこんのおじさんも変わりありません。もちろん若者も同様です。

もちろんスポーツウェアの機能性もタウンウェアとしての最適であるという事実も見逃すことはできません。近年の化学技術はファッションの素材に大きな影響を与えています。特にスポーツウェアでは、最先端の技術が活用されています。

秋だからこそファッションはスポーツミックス!

スポーツの秋です。誰にあこがれるかは、人それぞれです。あまり露骨にやっても恥ずかしいですから、スポーツを感じさせる程度…というのがいいのかもしれないですね。

まとめ

  1. 「スポーツの秋」と日本でいうようになったのは前回の東京オリンピックの頃から。
  2. スポーツウェアってけっこう機能的でオシャレだから街着のカジュアルにピッタリ!
  3. 「スポーツミックス」ファッションは意外に古く、19世紀の終わりごろから。
  4. そのころから人々の間にスポーツ選手の体型やそのウェアの着こなしを理想とする風潮が浸透。
  5. その時代その時代の人気スポーツのウェアアイテムがタウンファッションとなっている。
  6. スポーツウェアが、ファッション化した理由は、スポーツ選手への変身願望もあるのかもしれない。
  7. 誰にあこがれるかは人それぞれですが、あまり露骨にやっても恥ずかしいから気をつけて。

以前ドイツへ出張した時、フランクフルト空港からフランクフルトの駅へ向かい、ホームでデュッセルドルフ行の列車を待っていたのですが、ニッカボッカとアルペンハットに身を包んだ4、5人の爺さんたちに出会いました。ドイツ人がこんな恰好をしていると、まさにマンマです。

日曜日の早朝だったので、どこかの山へハイキングにでも出かけるのでしょうか?これってドイツの民族衣装が、山登りのスポーツファッションになったという方向性なのでしょうか?

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする